崩壊シリーズ「リメンバーミー」は、テレビ番組の「ゴッドタン」やバナナマンと東京03など数々のお笑い芸人のコントを手掛ける放送作家のオークラが作・演出した舞台である。前作の「九条九家の殺人事件」は、開幕と同時に口コミで話題を呼んだ喜劇だ。2作目であるこの舞台は、「九条九家の殺人事件」の1年後の世界を描いたものになっている。キャストは、山崎樹範、松下洸平、今回新たに参戦した味方良介、上地春奈、大水洋介(ラバーガール)、伊藤裕一彩吹真央、梶原善となっている。前回のキャストに新たなメンバーを加え、前作にはなかった新たなテーマ「涙」が相まって厚みを増している。場所は俳優座劇場で公演される。

リメンバーミーの日程

175人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

崩壊シリーズの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

崩壊シリーズのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/20 00:00更新)

「リメンバーミー」について

「リメンバーミー」の魅力とは

「崩壊シリーズ」は、売れない劇団「萩窪遊々演劇社」が四苦八苦して舞台をどうにか成立させようとすることを目的としている。なぜ舞台を成立させるだけでそのようなことになるのか…それは、劇団自体が未熟であるためだ。たとえばセットのドアが開かなかったりあるはずの小道具がなかったり、役者が台詞を間違えたりと初歩的なミスがたびたび起こる。そういった本番中のアクシデントを重ねながらも、なんとかしようとするうちに奇怪な方向にすすんでしまう。この不思議な舞台はきれいな舞台ではなく、崩壊した中でいかに面白味をつめるかというエンターテイメントだ。

「リメンバーミー」は、そんな崩壊した世界観だけではなく「涙」というテーマが存在している。前作から1年後、舞台監督の杏里は子供を授かっており、恋人であり座長である栗須は結婚を決意する。しかし杏里の父親に猛反対され、ある条件を突きつけられる。それは父親を泣かすことであった。こういったあらすじがあるだけではなく、さらに深い話が隠れているとのこと。いずれにしろ前作を超える物語が展開されることは間違いない。おかしな、アンバラスな、切実なこの舞台が、あなたに心のゆとりを持たせてくれるだろう。

リメンバーミーが好きな方はこんなチケットもおすすめ