舞台「放課後戦記」は、高校を舞台にしたサバイバルストーリーだ。ある日テニス部に所属する主人公・門脇瀬名が帰宅しようとすると、校門がバリケードで塞がれていた。そして突如「あなた達には部活動対抗で殺し合いをしてもらいます。」という校内放送が響き渡る。果たして瀬名は、無事に生きて帰れるのだろうか。脚本を担当するのは、舞台「流刑の島 監獄の唄」で池袋演劇祭みらい館大明賞を受賞したユニット、「平熱43度」を主宰する桃原秀寿だ。そして演出は、1991年に旗揚げされた「BQMAP」公演を手がける主宰・奥村直義である。さらに主演は「市川美織(NMB48)」と「りりか」のWキャストが決定しており、まさに必見の舞台だと言えるだろう。

放課後戦記の日程

22人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

放課後戦記の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

放課後戦記のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 00:00更新)

放課後戦記について

放課後戦記の魅力とは

舞台「放課後戦記」は2016年10月に公演が行われる、高校を舞台とした作品である。高校3年生である主人公の門脇瀬名は、受験を控える女子高生であった。しかしある日部活動のテニスを終えた瀬名が目にしたのは、強固なバリケードで覆われた校門であった。そして突如として流れた校内放送が告げたのは「部活動対抗で殺し合いをしてもらいます。」という言葉だった。生きて学校を出れるのは、たった一つの部活だけである。瀬名は戸惑いながらも、争いに呑み込まれていく。

出演するのは、高橋優里花(元乙女新党)、田尻あやめ(元乙女新党)、君島光輝 、磯原杏華、片岡沙耶、南千紗登 (アイドルカレッジ)、藤本かえで 、末永みゆ、星園まりん(青山 聖ハチャメチャハイスクール)、久田莉子(演劇ガール☆フューチャ)、小泉萌香、菜田彩佳(青山 聖ハチャメチャハイスクール)、咲山しほ(青山 聖ハチャメチャハイスクール)、今村美咲(青山 聖ハチャメチャハイスクール)など。そして10月5日から7日にかけては 市川美織(NMB48) が、そして8日から10日の公演では りりか が主演を担うとあり、どちらも見逃せない公演となりそうだ。

放課後戦記が好きな方はこんなチケットもおすすめ