布袋寅泰は、1981年、BOØWYのギタリストとしてデビュー。人気絶頂の1988年のクリスマスに開催された渋谷公会堂のライブで突然解散を発表し、BOØWYは解散。その後はソロギタリストとして活動し、音楽ユニットへの参加や、多方面の歌手への楽曲提供やプロデュース、自身のソロアルバム、映画音楽等の提供など国内外において多岐に渡る活動を行っている。2012年に多くの成功を収めた日本を離れ、ロンドンへと移住しさらなる挑戦を続ける。そんなロックなスタイルの生き様やその人柄が、布袋寅泰がファンから愛される理由だろう。強面な外見とビートの利いたギターのイメージが強いが、他ミュージシャンへのプロデュース等では、繊細かつ多様な音楽性を発揮している。その音楽性やプレイスタイルは、まさに日本が誇るキングオブギタリスト。常識はずれのロックを愛し、日本のロックの道を切り拓いてきた。そんな布袋寅泰のロックを感じたいなら、ライブへ参戦しよう!

布袋寅泰の日程

1,705人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

布袋寅泰のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

布袋寅泰 (HOTEI)について

布袋寅泰のライブの魅力とは

布袋寅泰は、伝説的ロックバンド「BOOWY」のギタリストとしてレジェンド的な評価を得た後、「BOOWY」解散後はソロとしても活動。吉川晃司とのユニット「COMPLEX」などで活動する他、他のアーティストへの楽曲提供、妻である今井美樹とのライブ活動、企業とのタイアップなど幅広い活動を見せている。

「HOTEI」名義で海外からの評価も高く、ギターテクニックに加えて歌唱力や作詞作曲能力も一流のスキルを持っており、50歳を迎えても尚、引く手数多の布袋寅泰である。東日本大震災の後、COMPLEXを復活させ復興支援ライブでは2日間で10万人を動員。

「日本一心」と銘打ったこのイベントはチケット収入を含め6億円以上の収益を得ており、全額が東日本大震災の復興義援金として寄付された。音楽界のカリスマ的存在の布袋は、現代の若年層からも支持されており、まだまだ衰えることない活動が期待されている。

布袋寅泰が好きな方はこんなチケットもおすすめ