星野みちるは千葉県出身のアーティストである。2005年「AKB48オープニングメンバーオーディション」に合格。オープニングメンバー候補生のうち20名として、秋葉原にあるAKB48劇場グランドオープンの舞台に出演した。このAKB48在籍中に秋元康作詞により「ガンバレ!」を作曲。星野みちる以外で五井道子名義でも活動し、AKB48のメンバーが出演し話題となった映画「伝染歌」のテーマソングなども担当することとなった。2010年には星野みちるからMichiruに名前を変更。その後も初のラジオパーソナリティーを務める番組の開始やカバーアルバムのリリース、ワンマンライブの開催など精力的に活動している。2012年には再び名前を本名の星野みちるへ戻し活動を続けている。

星野みちるの日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

星野みちるについて

星野みちるの魅力とは

千葉県出身のアーティスト、元AKB48のメンバーとして知られる星野みちる。
2005年「AKB48 オープニングメンバーオーディション」に応募総数7924名の中から合格。劇場オープニングメンバー候補生の20名として、秋葉原にあるAKB48劇場グランドオープンの舞台に出演を果たした。
AKB48在籍中にファン向けに制作されたドラマ「tgsk殺人事件」内のBGMとして、秋元康作詞の「ガンバレ!」で作曲に挑戦した。この曲は2007年FNN系列「FNNスーパーニュース」の気象情報コーナーにおいてBGMとして使用され、AKB48のメンバーが出演し話題となった映画「伝染歌」のテーマソングに起用される。その間星野みちるではなく五井道子名義でも活動をしていた。このようにAKBにおいて大々的にソロ活動をするメンバーは稀で、星野みちるは特殊な存在であったことが分かる。
その後も「それぞれの夢」がレオパレス21のCMソングに起用され、2009年にはAKBのオープニングメンバーが作詞を手掛けた1stミニソロアルバム「卒業」をリリース。2010年には星野みちるからMichiruに名前を変更。
卒業後も初のラジオパーソナリティーを務める番組の開始やカバーアルバムのリリース、ワンマンライブの開催など精力的に活動している。2012年には再び名前を本名の星野みちるへ戻し活動を続けている。

星野みちるが好きな方はこんなチケットもおすすめ