保坂知寿は、元 劇団四季の看板女優として活躍後、ロックリバーに移籍し舞台活動を続けるミュージカル女優だ。高校3年生の時に劇団四季の夏期研修会でミュージカルの手ほどきを受け、1980年に劇団四季付属研究所に入所。1981年に「オンディーヌ」のタイトルロールで初舞台を踏み、「コーラスライン」のヴァル役、「ハムレット」のオフィーリア役、「キャッツ」のグリドルボーン役、「ウエスト・サイド物語」のアニタとマリア両役を務め、演技力と歌唱力が高い評価を受けた。1988年には「オペラ座の怪人」のヒロインに抜擢され、劇団四季の看板女優として脚光を浴びた。 彼女の代表作とも言われる「マンマ・ミーア!」では2002年から2006年末の退団まで1100回以上にわたり主演を務め続けた。ロックリバー移籍後も「デュエット」をはじめ数々の作品に出演し、2009年には第34回菊田一夫演劇賞受賞を果たした。実力派女優・保坂知寿の歌と演技を味わってほしい。

保坂知寿の日程

9人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

保坂知寿について

実力派ミュージカル女優、保坂知寿の魅力とは

劇団四季の看板女優としてミュージカル「マンマ・ミーア!」などの主役を演じたミュージカル女優・保坂知寿は、巧みな演技力と透き通った美しい歌声で多くの観客に感動を与えてきた。
初舞台は1981年の「オンディーヌ」のタイトルロール、以降数々の作品に出演しキャリアを積み重ね、1988年には「オペラ座の怪人」のヒロイン・クリスティーヌ役に抜擢され、野村玲子と並ぶ劇団四季の看板女優としてスターダムに上った。2002年に初演され現在に至るまで大ヒットを続けるミュージカル「マンマ・ミーア!」では、初演から2004年11月末までの全715回と2005年から2006年末の退団までの389回すべてで主役のドナ役を務め、その演技力と躍動する歌とダンスが絶賛を浴びた。
劇団四季退団後は、ロックリバーに所属し、2008年にニール・サイモン脚本のブロードウェイ・ミュージカル「デュエット」に挑戦し、好評を得る。その後も「スーザンを探して」「パイレート・クイーン」「フル・モンティ」「エドウィン・ドルードの謎」など精力的に舞台をこなしている。
2016年11月には実力派ミュージカルスターたちとともに「THE BEST OF MUSICAL CONCERT」を開催し、ミュージカルの名曲を披露した。感動と勇気を与える保坂知寿の歌と踊りを楽しんでほしい。

保坂知寿が好きな方はこんなチケットもおすすめ