仲間由紀恵主演「放浪記」は、林芙美子が自らの日記を元に体験を綴った自伝的小説。1961年に菊田一夫脚本・森光子主演の舞台として東京の芸術座で公演された。それから2009年まで、森光子主演にて通算2017回上演された、日本演劇界の最高峰とも言える作品。今回、森光子から主演を引き継いだ仲間由紀恵が座長となり、林芙美子の生涯をいきいきと描く。シアタークリエ、新歌舞伎座、中日劇場、博多座にて上演される2015-2016年「放浪記」は、上演時間は20分短縮され、ナレーションも追加されるなど、新たな演出が予定されている。仲間由紀恵の他、若村麻由美、永井大、窪塚俊介、福田沙紀、立石凉子、羽場裕一、村田雄浩ら実力派キャストが集結。仲間由紀恵主演・放浪記の誕生として、日本演劇界に新たな歴史が刻まれる。

放浪記 仲間由紀恵主演舞台の日程

71人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

放浪記の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

放浪記のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

仲間由紀恵主演 放浪記について

仲間由紀恵主演「放浪記」は、日本演劇界の最高峰とも言える舞台。林芙美子が自らの日記を元に体験を綴った自伝的小説を原作にし、1961年に菊田一夫脚本・森光子主演の舞台として東京の芸術座で上演された。森光子の「でんぐり返し」も名物となり、2009年まで、通算2017回上演された、伝説的な作品である。

2015年、「放浪記」は、森光子から主演を引き継いだ仲間由紀恵が座長となり、新たに生まれ変わる。仲間由紀恵は「トリック」「功名が辻」「花子とアン」「美女と男子」等、時代劇から現代劇まで幅広く演じることが出来る国民的女優。森光子の思いを引き継ぎ、林芙美子の生涯をいきいきと描く。

仲間由紀恵主演「放浪記」は、2015年から2016年にかけて、シアタークリエ、新歌舞伎座、中日劇場、博多座にて上演される仲間由紀恵主演に合わせて、上演時間は20分短縮され、ナレーションも追加されるなど、新たな演出が予定されている。「放浪記」には、仲間由紀恵の他、若村麻由美、永井大、窪塚俊介、福田沙紀、立石凉子、羽場裕一、村田雄浩ら実力派キャストが集結する。仲間由紀恵主演による新しい「放浪記」の誕生公演とあって、日本演劇界の新たな歴史を見ようと、チケット入手は困難になりそうだ。

放浪記 仲間由紀恵主演舞台が好きな方はこんなチケットもおすすめ