アメリカのモダン・ロックの雄、Hoobastank (フーバスタンク)。彼らの人気を決定づけた名作「The Reason」を筆頭に、これまで累計で1,000万枚以上のアルバムセールスを記録してきた彼らの人気は、本国のアメリカではもちろんであるが、日本においての人気は凄まじいものがある。 これまでもサマーソニックをはじめとするフェスティバルを含めて、幾度となく来日公演を行い、いずれもチケットはソールドアウトとなり、各会場をパンクさせてきた。 Hoobastank (フーバスタンク)のボーカルのダグラス・ロブは日本人とのハーフであり、小学生の時に日本で生活していたことがあるなど、日本とは浅からぬ縁があるのだが、ライブだけでなくアルバムセールスにおいても、洋楽アーティストの中では日本において突出したセールスを記録している。

Hoobastank(フーバスタンク)の日程

150人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Hoobastankの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Hoobastankのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 12:00更新)

フーバスタンク Live情報

Hoobastank (フーバスタンク)のライブの魅力とは

Hoobastank (フーバスタンク)の作り出してきた、ヘビーでありながらもキャッチーなメロディーは、日本人の心を揺さぶる力がある。 そしてそれはHoobastank (フーバスタンク)のライブパフォーマンスで、最大限に発揮される。 体の芯に響いてくるヘビーなサウンドと、うねるようなリズムが会場を揺るがし、狂乱の時間を生み出す彼らのライブは、さすがモダン・ロックのトップを走るバンドとうなるクオリティーだ。 アルバムで感じるパワーと疾走感を、ライブではさらにスケールアップして、ライブならではの熱量を加えて、彼らの曲がさらに進化するのだ。 Hoobastank (フーバスタンク)のライブのチケットがソールドアウトになる理由は、ライブの中にある。

フーバスタンクの魅力を徹底解剖

ラウドロックは、反体制・破壊的でなければならない、などという決まりは無い。カリフォルニアのごく普通の高校生が組んだバンド、Hoobastankは、等身大の若者のごく日常を切り取る。そこにはアメリカ政府も、銃社会も格差も差別も宗教も存在しない。俺達の毎日、俺達の悩み、俺達の愛。

カリフォルニアのごく普通の街にある、至って平凡なアグーラ高校の同級生たちは、実はその後一世風靡するLinkin Parkのメンバーが同世代にいることなどつゆ知らず、しかしその優れた音楽的土壌に恵まれながら育った。軽音楽部のちょっと上手い奴らが、それぞれ偶然知り合って結成されたイメージがわかりやすいだろう。世界中で見られるこの光景だが、Hoobastankが違ったのはやはりその「普通の」アティチュードを表現するセンスであった。

フーバスタンクのチケットを入手して、稀有な親近感の中、怒涛のラウドロックを体験しよう。日系クオーターであり、幼い頃日本在住の経験もあるDouglas Robbのヴォーカルは、その親しみやすいオリエントな風貌からは想像も付かない程アグレッシヴ。轟音の壁から発生するキャッチーなメロディに、カリフォルニア・ユースの青春を乗せる。英語がわからなくとも、等身大のHoobastankのメッセージは確実に届くはずだ。プレミアムチケット化する日もそう遠くはない。

Hoobastank(フーバスタンク)が好きな方はこんなチケットもおすすめ