炎の祭典は愛知県豊橋市で行われる花火大会だ。1996年に市制施行90周年記念事業としてスタートし、例年9月の第2土曜日に、豊橋公園内、豊橋球場にて開催される。1996年に地域の伝統文化である手筒花火を活用し、活性化させることを目的として、豊橋市制施行90周年記念事業としてスタート。現在では豊橋の風物詩として地元市民に愛されるイベントとなっている。炎の祭典は昼と夜で大きく2部に分かれており、昼の部では模擬店などの店舗が立ち並び、長縄跳び大会などが開催。そして炎の祭典のメインとなる夜の部では花火大会が繰り広げられる。450年もの伝統がある手筒花火の一斉放揚は圧巻。火の粉を浴びながら披露するその姿は豪快だ。炎の祭典では有料席を設けているため、じっくりと観るのであればチケットを確保しておくことをおすすめしたい。

炎の祭典の日程

3人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

炎の祭典の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

炎の祭典のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 12:00更新)

炎の祭典について

炎の祭典の魅力とは

愛知県豊橋市で行われる花火大会、炎の祭典。1996年に市制施行90周年記念事業としてスタートし、例年9月の第2土曜日に、豊橋公園内、豊橋球場にて開催される。
1996年に地域の伝統文化である手筒花火を活用し、活性化させることを目的として、豊橋市制施行90周年記念事業としてスタート。現在では豊橋の風物詩として地元市民に愛されるイベントとなっている。

炎の祭典は昼と夜で大きく2部に分かれており、昼の部では模擬店などの店舗が立ち並び、長縄跳び大会などが開催。そしてメインとなる夜の部ではが花火大会が繰り広げられる。450年もの伝統がある手筒花火の一斉放揚は圧巻。火の粉を浴びながら披露するその姿は豪快で見応え十分だ。
その他にも定番のスターマインや乱玉花火、大筒、綱火など様々な仕掛け花火も楽しむことが出来る。和太鼓の演奏や神輿もあって盛り上がること間違いなしだ。打ち上げ数は約870発と控えめであるが手筒花火があるとなれば納得の数。
昼、夜合わせて5万人を超える人出となり、公式にて有料観覧席も販売されるので是非ゲットして間近で大迫力の手筒花火を観賞したい。
また炎の祭典を行程に含むツアーなども各旅行会社から販売されるので、そちらをチェックしてみるのもいいだろう。

炎の祭典が好きな方はこんなチケットもおすすめ