北海道吹奏楽コンクール」は、北海道吹奏楽連盟が主宰する音楽コンクールである。北海道吹奏楽連盟は1955年に設立され、現在は861団体が加盟する吹奏楽連盟となっている。同連盟が主宰となり、道内11地区の代表が参加し、各部門からA編成で優秀な成績を収めた団体は、「全日本吹奏楽コンクール」へ推薦される。また小、中学校と高校のB、C編成の優秀団体は各都道県、支部で予選が行われるコンクール「東日本学校吹奏楽大会」へ推薦される。全日本吹奏楽コンクールはアマチュア吹奏楽団体を対象とした音楽コンクールでは、日本で最大規模となる大きな大会なので北海道吹奏楽コンクールはいわば予選の意味合いを兼ねている形となっている。

北海道吹奏楽コンクールの日程

10人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

北海道吹奏楽コンクールの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

北海道吹奏楽コンクールのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 12:00更新)

北海道吹奏楽コンクールについて

北海道吹奏楽コンクールの魅力とは

北海道吹奏楽連盟と朝日新聞社が主宰する「北海道吹奏楽コンクール」。北海道吹奏楽連盟は、1955年に設立され、現在861団体が加盟する吹奏楽連盟である。同連盟が主宰となり、コンクールには道内11地区の代表が参加する。
各部門からA編成で優秀な成績を収めた団体は、同じく朝日新聞社が主宰する「全日本吹奏楽コンクール」へ推薦されることとなる。
また小学校、中学校と高校のB、C編成の優秀団体は各都道県、支部で予選が行われるコンクールの最上位大会である「東日本学校吹奏楽大会」へ推薦される。

全日本吹奏楽コンクールは、アマチュア吹奏楽団体を対象とした音楽コンクールでは日本で最大規模となる大きな大会なので、北海道吹奏楽コンクールはいわば予選の意味合いを兼ねる形となっている。
会場は、毎年札幌コンサートホールKitaraとなっており、出場グループは中学、高校、大学のA、B、C、その他一般や職場など多数。

観覧チケットが販売されるが、高校Aのみ全先指定のプレリザーブとなるので注意が必要だ。
北海道吹奏楽連盟のホーム―ページで各団体出場日程が発表されるので要チェック。当日券の発売は確約されていないので事前購入をしておくのがいいだろう。

北海道吹奏楽コンクールが好きな方はこんなチケットもおすすめ