「東関東マーチングコンテスト」は、栃木県吹奏楽連盟と茨城県吹奏楽連盟、千葉県吹奏楽連盟、神奈川県吹奏楽連盟が主催する吹奏楽の大会である。「東関東マーチングコンテスト」は、小学校・中学校・高校以上の3つの部に分かれており、さらにA部門・B部門に分けられている(小学校の場合はA部門のみ)。東関東吹奏楽連盟に加盟している各県の連盟に所属している吹奏楽団体に参加資格が与えられている。このコンテストでは、木管楽器や金管楽器、打楽器による演奏がおこなわれる。6分以内という限られた時間の中で、パフォーマンスを見せるレベルの高いコンクールだ。学生の青春がつまった「東関東マーチングコンテスト」に今後も注目だ。

東関東マーチングコンテストの日程

128人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

東関東マーチングコンテストの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

東関東マーチングコンテストのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/21 00:00更新)

「東関東マーチングコンテスト」について

「東関東マーチングコンテスト」の魅力とは

「東関東マーチングコンテスト」が始まったのは、1995年10月のこと。当時は、小学校と中学校、高校の他に、一般の団体も参加していた。小中高はパレードコンテストの部、フェスティバルの2つの部に分かれていた。2000年よりフリースタイルの部が新設されたが、2006年にはマーチングコンテストA部門とマーチングコンテストB部門の大きく2つの部門に分け、A部門の中にパレードコンテストの部とフェスティバルの部がある構成となった。翌2007年にはAとB部門のみ、2013年から小中高で分けられるようになった。

コンテストの開催場所はさまざまで、今までに千葉ポートアリーナや川崎市とどろきアリーナ、宇都宮市清原体育館、ひたちなか市総合運動公園総合体育、小田原アリーナ、栃木県立県南体育館などでおこなわれている。

最大の魅力は、ハイレベルなマーチングを間近で観られることである。学生とは言えど全国レベルの演奏やパフォーマンスのため、観て聴いて感動すること間違いなし。マーチング経験者でなくても楽しめるコンテストのため、少しでも興味のある方は、ぜひ一度「東関東マーチングコンテスト」の会場に行ってみてはいかがだろうか。

東関東マーチングコンテストが好きな方はこんなチケットもおすすめ