ひとりでできるもんは、沖縄県出身の覆面ダンサーで、本名は武村涼平。よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属している。2002年顔を白い仮面で隠し、食い入ってしまうほどのダンスセンスで各方面から声がかかり、2004年テレビ番組「少年チャンプル」にも出演した。ストリートダンスを中心に放送していたこの番組で人気ダンサーランキング13週連続1位を獲得し殿堂入りを果たす。続編となった番組「スーパーチャンプル」では2週連続で人気投票1位を獲得し人気をかっさらっていった。番組に出演以降はプロダンサーに転向。全国を飛び回り、2011年には中島美嘉の全国ツアーにもダンサーとして出演をしている。現在はエグスプロージョンとのユニット・EDISONでも活動している。

ひとりでできるもんの日程

123人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ひとりでできるもんのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/19 18:00更新)

ひとりでできるもんについて

ひとりでできるもんの魅力とは

ひとりでできるもんは、沖縄県出身の覆面ダンサー。よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属している。15歳からダンスを始め、19歳の頃に3人組のダンスグループのメンバーとして活動していたが解散。ダンスを辞めるつもりが一人でイベントに出演してほしいと説得され、恥ずかしがり屋であった彼は思いつきの偽名・ひとりでできるもん名でエントリーし参加した。一人で踊ったショーの反響は大きく、すぐに複数のイベントの主催者から声がかかる。自身も一人で踊るステージの気持ち良さに引き込まれていく。

20歳の頃大手企業に就職。会社にバレないためにも覆面でダンスをすることにする。そして彼を一躍人気者にした深夜のダンス番組「少年チャンプル」へ出演し知名度を上げ、プロダンサーになるため勤めていた大手企業を退社。

全国へのイベント参加やダンス講師、ライブのバックダンサー、ミュージックビデオ・CMなどに参加するなど、幅広い活躍を見せる彼だが、同じ事務所に所属しているエグスプロージョンと共同グループ・EDISONを結成した。2012年からは毎年全国ツアー「ライブダンスユニット」をおこない、「カッコイイだけがダンスじゃない」をコンセプトに各地でステージを開催。今後の活動をチェックしよう。

ひとりでできるもんが好きな方はこんなチケットもおすすめ