NIKOICHI THE FINAL コレが最後のNIKOICHI取扱中!2009年に改名した今注目のアーティスト・HISATOMI。2003年から大阪を中心としてKOH-SONSANとして活躍し、精力的に多くのライブイベントに出演。抜群の安定感ある歌唱力、等身大のままに心に飛び込む透き通るような声でチケットを手にしたファンを魅了する。2008年に開催された「ROAD TO レゲエ祭」に大阪代表として参加。その後DEEJAYトーナメント「誰がいっちゃん歌えんねん!」において優勝し注目される。「ハラ斬りJAPAN feat TAK-Z」「MY TIME feat BES」など数多くのコンピレーションに参加。ソロとしてもロッカーズアイランドプロデュース「RIDDIM ISLAND」シリーズにて好評を博した。

NIKOICHI THE FINAL コレが最後のNIKOICHI

56人が登録中

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

HISATOMIの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

HISATOMIのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/20 12:00更新)

HISATOMIについて

HISATOMIの魅力とは

レゲエ界に新たな風を送り込んでいるHISATOMI。大阪を拠点として全国区で活躍しているレゲエアーティストである。リアルで独特な言葉選びと遊びにこだわった歌詞と安定感のある歌唱力を兼ね備えた実力派。2003年よりKOH-SONSANとして関西を中心に活動をおこなっていたが、2009年にHISATOMIと名を改めディージェイに専念した。

2013年にファーストアルバム「ヒのサのトのミ」をリリース。iTunesのレゲエアルバム部門1位を獲得。同年にSOUTH YARD MUZIKからリリースされた「MY DREAM」はユーチューブのPV再生回数300万以上を記録。2014年にセカンドアルバム「NO PROBLEM MAN」をリリースし、2015年にはサードアルバム「MEDE in ISLAND」もリリース。2016年の主要都市4ヵ所で開催した初のワンマンツアー「JACK YOUR CITY」を成功させるなど全国的な人気を集めた。

2017年にはコンセプトアルバム「哀愁愛集」を発売。iTunes、レゲエZION、TSUTAYA にてレゲエアルバムチャート1位を獲得した。そんな彼は様々なイベントに参加し、自身のライブなど積極的に活動をおこなっている。今ならばHISATOMIに会える機会は多くありそうだ。

HISATOMI(ヒサトミ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ