ひるなかの流星は、集英社発行の「マーガレット」で連載され、コミックス累計発行部数が200万部を超える大ヒットとなった少女漫画の実写映画だ。2017年3月24日に公開される。原作を漫画家・やまもり三香、監督は「パラダイス・キス」「四月は君の嘘」などで知られる新城毅彦が務め、テレビドラマ「失恋ショコラティエ」を手がけた安達奈緒子が脚本を担当する。主人公の与謝野すずめ役には永野芽郁が抜擢され、担任教師・獅子尾役を三浦翔平、クラスメイト・馬村役を白濱亜嵐、女子力の高いクラスメイト・猫田ゆゆか役を山本舞香が演じる。田舎育ちのマイペース女子高生が両親の海外赴任により東京へ転校し、イケメンの担任教師と同級生男子そして恋敵の女子クラスメイトと繰り広げる青春ラブストーリーだ。4人の個性的なキャラクターたちが演じる映画「ひるなかの流星」を楽しんでほしい。

ひるなかの流星 舞台挨拶の日程

28人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ひるなかの流星について

胸キュン三角関係の青春ラブストーリー、ひるなかの流星の魅力とは

2011年から2014年まで集英社発行の少女漫画誌「マーガレット」に連載され大きな反響を呼んだ「ひるなかの流星」は、全12巻の単行本と番外編が刊行され、累計発行部数が200万部を記録した人気コミックだ。
田舎育ちでマイペースの女子高生・与謝野すずめが両親の海外転勤のために東京に住む叔父のもとに預けられることになる。上京初日に道に迷い困っているところに担任教師・獅子尾が現れる。困ったときにいつも助けてくれる獅子尾に次第に惹かれ、生まれて初めての恋心を抱くすずめ。一方、クラスで席が隣になった馬村は女子が大の苦手なイケメンの男の子。一見無愛想な馬村だが、分け隔てなく接してくれるすずめに思いを寄せていく。
主人公の与謝野すずめには、月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」に出演し、注目を集めた新進女優・永野芽郁が抜擢され、、担任教師・獅子尾役を三浦翔平、クラスメイト・馬村役を白濱亜嵐、猫田ゆゆか役を山本舞香が演じる。
田舎育ちのマイペースキャラの女子高校生が、高校教師と同級生男子の間で揺れ動く、胸キュン三角関係の青春ラブストーリーを楽しんでほしい。

ひるなかの流星 舞台挨拶が好きな方はこんなチケットもおすすめ