平山夢明とは映画監督やラジオパーソナリティーなど幅広く活動しホラー小説を得意とする作家である。実際に起きた殺人事件のノンフィクション小説「異常快楽殺人」で作家デビューし、1993年から本格的に作家としての執筆活動を開始する。代表作には実話怪談「『超』怖い話」シリーズや「東京伝説」シリーズ、「怖い本」シリーズなどがあげられる。DVDやドラマなどで映像化され東京伝説は足立梨花主演で劇場公開された。2010年にはポプラ社から刊行された長編ノワール小説「ダイナー」で第28回日本冒険小説協会大賞、第13回大藪春彦賞などを受賞する。近年は人気コミックのGANTZテラフォーマーズのコミカライズの際の原案なども手がけている。

平山夢明の日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

平山夢明について

平山夢明とは

平山夢明は映画監督、ラジオパーソナリティー、映画評論などマルチに活躍するホラー作家を得意とする作家だ。
1996年にサイコスリラー作品の「Sinker-沈むもの」で作家として本格的にデビューをはたし2006年には主人公のタクシー運転手と息子のおぞましい所行を綴ったホラー小説「独白するユニバーサル横メルカトル」で第59回日本推理作家協会賞を受賞し、ミステリー小説のブック・ランキングである2007年度の「このミステリーがすごい!」で1位を獲得した。

2010年にはポプラ社から刊行された主人公のオオバカナコが次々と現れる奇妙な殺し屋たちとの命がけの恋を描いた長編ノワール小説「ダイナー」で第28回日本冒険小説協会大賞、第13回大藪春彦賞などを受賞するなど、人間のもつ狂気や恐怖などを描くことを平山夢明は得意としている。
また、週刊プレイボーイでデルモンテ平山というペンネームでの映画レビューは普段の小説のような文章でなくとても砕けた文章で大好評となっている。
そんな平山夢明が2016年9月に新宿NAKED LOFTにて「平山夢明のグダラナイト」と銘打ってイベントを開催する。
ゲストに映画ライターのギンティ小林と石川力夫が登場する予定だ。

マルチな活躍をする平山夢明の濃密なイベントにぜひ足を運んでいただきたい。

平山夢明が好きな方はこんなチケットもおすすめ