平山秀幸は福岡県出身の映画監督である。1990年に「マリアの胃袋」で映画デビューを果たした平山秀幸。1992年には「ザ・中学教師」にて日本映画監督協会新人賞を受賞した。1995年に常光 徹の小説「学校の怪談」を映画化した「学校の怪談」を制作。第13回ゴールデングロス賞優秀銀賞、話題賞を受賞。「愛を乞うひと」では、第45回アジア太平洋映画祭 脚本賞 助演男優賞、第21回モントリオール世界映画祭 国際批評家連盟賞、第22回日本アカデミー賞の最優秀作品賞、監督賞、脚本賞、主演女優賞などその年の映画賞を総なめにすることとなった。2016年には岡田准一、 阿部寛が出演する「エヴェレスト 神々の山嶺」を監督。華やかな受賞歴が証明するように、平山秀幸の作品は人々を虜にしてしまう。

平山秀幸の日程

28人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

平山秀幸の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

平山秀幸のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

平山秀幸について

平山秀幸の魅力とは

福岡県出身の映画監督「平山秀幸」は、1990年に「マリアの胃袋」で映画デビューを果たすと1992年には「ザ・中学教師」にて日本映画監督協会新人賞を受賞した。
1995年に常光 徹の小説を映画化した「学校の怪談」では第13回ゴールデングロス賞優秀銀賞、話題賞を受賞し、「学校の怪談2」、「学校の怪談4」を監督し大人気シリーズとなった。
1998年には下田治美の小説を映画化した「愛を乞うひと」を発表。第45回アジア太平洋映画祭 脚本賞 助演男優賞、第21回モントリオール世界映画祭 国際批評家連盟賞、第22回日本アカデミー賞の最優秀作品賞、監督賞、脚本賞、主演女優賞などその年の映画賞を総なめにすることとなった。その後も「ターン」にて富川国際ファンタスティック映画祭最優秀監督賞、「笑う蛙」で毎日映画コンクール監督賞、ヨコハマ映画祭最優秀監督賞、「OUT」では日本アカデミー賞優秀監督賞、「信さん・炭坑町のセレナーデ」ではパリKINOTAYO映画祭観客賞、最優秀映像賞受賞などを受賞。ショーレースでは常連となる名匠として知られている。
2016年には 岡田准一、 阿部寛が出演する「エヴェレスト 神々の山嶺」を監督し大きな注目を集めた。ヒットメーカー平山秀幸の作品に今後も期待だ。

平山秀幸が好きな方はこんなチケットもおすすめ