日のあたる方(ほう)へ 私という名の他者の原作は有名小説「ジキル博士とハイド氏の奇妙な事件」(ロバート・ルイス・スティーヴンソン著書)です。この小説は二重人格者を表す代名詞として「ジキルとハイド」のように使われるほど有名で、その主題を善と悪に置いています。これまで数え切れないほど映画化や舞台化をされた、人類にとって最も興味深い題材のひとつとも言えるでしょう。『日のあたる方(ほう)へ ―私という名の他者―』では、その善と悪に対して宝塚的解釈が構築されて、原作とはひと味違う「ジキルとハイド」になっています。精神を患う女性マリア、彼女への愛ゆえにジキルは自ら治療薬の被験者となり、秘めた過去に抱えているトラウマ(ハイド)を描き出します。宝塚ならではの現代的かつ幻想的な、新しい「ジキルとハイド」を作/演出・木村信司氏が創り上げています。

日のあたる方へ 私という名の他者の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

宝塚歌劇 日のあたる方(ほう)へ 私という名の他者の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

日のあたる方へ 私という名の他者が好きな方はこんなチケットもおすすめ