ヒルビリーバップスは日本のロカビリーバンドである。活動期間は1983年〜1990年と、2004年〜の2つの時期に分かれている。メジャーデビューは1986年だが、メジャーデビュー前はジョニー・バーネット・トリオやジーン・ヴィンセントなどをカバーしていた硬派なロカビリーバンドだった。その後メジャーデビューで大成功を収めるも、人気絶頂時におこなわれた全国ツアーの初日公演の翌日に、ボーカルの宮城宗典が逝去してしまう。その後2代目ボーカルに横山裕高を迎え活動を再開するが、宮城在籍時ほどの成功を収めることができず、1990年に解散した。激動の歴史を刻んできたヒルビリーバップスだが2004年に再び活動を開始している。

ヒルビリーバップスの日程

9人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ヒルビリーバップスの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ヒルビリーバップスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 18:00更新)

ヒルビリーバップスについて

ヒルビリーバップスとは

ヒルビリーバップスは1983年に結成された日本のロカビリーバンドである。メジャーデビュー前は海外アーティストのカバーを中心に演奏する硬派なロカビリーバンドだった。しかし、メジャーデビューに伴いレコード会社の判断で当時人気だった「アイドルバンド」へ転向する。リーゼントを下ろし若者受けのいいテイストの衣装をまとい活動をおこなったところ、デビューシングル「微熱なキ・ブ・ン(とびきり16歳)」はCM曲に起用されたこともあり好調な売り上げを見せ、上々のデビューを飾った。
その後も順調に活動を行っていったが、人気絶頂時に行われた全国ツアーの初日公演の翌日に、ボーカルの宮城宗典が帰らぬ人となってしまう。残りのツアーは全てキャンセル、日比谷野音で追悼ライブがおこなわれ親交のあった音楽仲間達が宮城の早過ぎる死を悼んだ。
1年間の活動休止を経て、2代目ボーカルに横山裕高を迎え活動を再開するが、宮城在籍時ほどの成功を収めることができず、1990年に惜しまれ解散した。

解散から14年後の2004年にヒルビリーバップスは活動を再開を発表した。メンバー全員が社会人であり多忙であるため、残念ながらライブは数年に1度しか開催されていないが、現在もバンド活動は継続中だ。

ヒルビリーバップスが好きな方はこんなチケットもおすすめ