ハイキングウォーキングは吉本興行所属のお笑い芸人。「エンタの神様」「爆笑ヒットパレード」などで人気を博した。漫才やコント、一発芸など多彩なネタを持ちネタ見せ番組だけでなくトーク番組などでも活躍する。ツッコミ担当は松田、ボケ担当は長髪が特徴の鈴木Q太郎。鈴木Q太郎の長髪を活かしたネタや一発芸が人気であり、代表的なものでは邪馬台国の女性のモノマネやコーラを一気飲みしてゲップをせず山手線の駅名を全て言う、というものがある。外見のインパクトが強い鈴木Q太郎をメインに使う笑いが多く、吉本ブサイクランキングでは数回に渡り上位にランクインしている。その人気はバラエティ番組以外でも発揮し、ドラマや映画、さらにはCMなど活躍の場は広い。

ハイキングウォーキングの日程

7人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ハイキングウォーキングの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ハイキングウォーキングのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/22 06:00更新)

ハイキングウォーキングについて

ハイキングウォーキングの魅力とは

ハイキングウォーキングは吉本興行のお笑い芸人。オンエアバトルや爆笑レッドカーペットなど多数のバラエティ番組で人気を博し、ビートたけしからもおすすめ芸人として紹介される。

ボケの鈴木Q太郎とツッコミの松田の二人からなり、お互いの苗字がどちらも有名車メーカーの名前であったため当初は「くるま」という名で活動。その後ハイキングウォーキングに改名する。コンビ仲の良さは有名でお互いに相方を信頼しきっている。爽やかな面持ちの松田と同様ブサイク芸人としてランクインを果たしているQ太郎も結婚していたが、2015年に二人揃って離婚している。主にネタを作っているのはツッコミ担当の松田。Q太郎の人気ネタ邪馬台国の女性も彼が考えたものである。しかし相方のインパクトが強く、いつの間にか卑弥呼様じゃない方で定着してしまう。副業で居酒屋を経営している。一方ボケ担当Q太郎はそのルックスから多数のネタを持ち他の芸人ともコラボレーションをするなど多彩に活躍。特徴的な長髪は実はデビュー当初は短かった。鉄板ネタはイリュージョンやアクションなどのQ太郎の身体を張った一発芸。そのほとんどが失敗に終わり掛け声と共に松田の「すいません」の一言で締めるというものである。

テレビでも活躍している彼らのライブは絶対に面白いので、ぜひ会場で笑い尽くしてきて欲しい。

ハイキングウォーキングが好きな方はこんなチケットもおすすめ

公演、アーティストから探す