氷川きよしは、2000年デビューの大人気の若手演歌歌手。茶髪でファッショナブルなスーツに身を包み、バリバリの演歌を歌う彼の登場は大きな話題となった。演歌のみならず、歌謡曲調の楽曲や懐メロなど幅広く歌い上げ、わかりやすいメロディと歌詞、覚えやすい振り付けで小さな子供から、高い年齢層まで幅広い年代のファンが多い。デビュー曲である『箱根八里の半次郎』は大ヒットを記録、最優秀新人賞や大賞を総なめにし一躍有名演歌歌手に躍り出た。2002年発表の『きよしのズンドコ節』もレコード大賞や日本有線大賞を受賞、その他にも多くの受賞歴がある歌手だ。氷川きよしはファンとのふれあいを大事にしたイベントを行い、コンサート、舞台なども精力的に行っている。まさに「演歌界の貴公子」という名が相応しい。

氷川きよしの日程

806人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

氷川きよしのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 00:00更新)

氷川きよし Live情報

ルックスだけではない実力派演歌歌手、氷川きよしのコンサートの魅力を徹底解剖

ビジュアル系演歌歌手や、演歌界の貴公子との異名を取った氷川きよしもすっかり歳を重ね中堅となった。茶髪にピアスの若々しい姿でデビューした時に比べると落ち着いてきたが、反比例するように演歌の実力は格段に上昇。積み重ねてきた実績と、磨き上げた歌声は、今や色眼鏡で見られることもない演歌界のスターである。

「箱根八里の半次郎」や「きよしのズンドコ節」は演歌好きでなくとも知っている日本の名曲であり、氷川きよしの代名詞。もちろんコンサートライブでも観客を多いに沸かせる人気曲のひとつである。中年女性を中心に熱狂的なファンを多数抱えるため、チケットはなかなか手に入らない。

とはいえコンサートの客層としては、子どもからの人気も高い氷川きよしだけに家族連れの姿も見られ、意外とバラエティに富んだ面々が観客席を占めていく。紅白歌合戦の常連となった氷川きよしだが、今もファンを大事にする姿勢は目を見張る物があり、チケットを購入したファン向けのグッズでは「感謝」の言葉を多く並べる。今後ますます活躍が期待される氷川きよしだが、彼ももうすぐ中年。ルックスだけが売りではないのは確かだが、若いうちに一度は目にしておきたいものだ。

氷川きよしが好きな方はこんなチケットもおすすめ