日笠陽子とは2007年テレビアニメ「スケッチブック~full color's~」にて声優デビュー、以降人気アニメ作品に数多く出演しながら歌手としても活躍するマルチなタレントである。声優として自身初のメインキャラクターに抜擢されるのは2009年に放送され絶大な人気を獲得した「けいおん!」。同作で秋山澪役を務めると声優として、そして歌手としての才能も発揮することになりその後ソロでの歌手デビューを実現させる。1人の声優として非常に多くの作品へと出演しており、テレビアニメをはじめテレビゲームでもまた多数の出演を誇る。海外作品の吹き替え声優としても多く出演を果たし、テレビ番組などのメディアにも積極的に出演している。活動開始10年が経ち現在ではベテラン声優ともなりつつある彼女、今後も多くの作品へと出演しながらアーティストとして活躍を見せてくれるだろう。

日笠陽子の日程

215人が登録中

あと10日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

日笠陽子のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/15 18:00更新)

日笠陽子について

日笠陽子の魅力とは

日笠陽子とは2009年放送のアニメ「けいおん!」にて爆発的な人気を獲得、2013年には歌手活動のスタートも発表する人気声優。歌唱力の高さはファンの間でも有名であり、業界内でも当初から話題を集めていた。「けいおん!」で注目を浴びる当時から歌手活動の話は上がっていたが、活動当初は「2足の草鞋を履く」という事に対し不安を感じており辞退していた。その後考えを変え2013年を正式な歌手活動スタートとして始動、1stシングル「美しき残酷な世界」はオリコン9位にランクインするなど実力を見せている。多数の作品へと声優として出演しており、「ロウきゅーぶ!」「ハイスクールD×D」「ノーゲーム・ノーライフ」など人気作へと数多く出演している。テレビゲームへの出演も非常に多く「進撃のバハムート」「デカ盛り 閃乱カグラ」「ブレスオブファイア6」などへと出演している。さらに声優としての人気に留まらず、ネットをはじめメディアでも多く取り上げられた言葉「てへぺろ」の発案者としても有名で、当時は自身の持ちギャグとして様々な場所で使っていた。現在ではそんなアーティストとしての活動に加え、NHK教育番組へと出演するなど活躍の幅を広げている。多くの場面に強い影響を与えながら自身のアーティストとしての力を発揮するマルチな才能を持つ人物である。

日笠陽子が好きな方はこんなチケットもおすすめ