雪組 ひかりふる路 革命家、マクシミリアン・ロベスピエール取扱中!「ひかりふる路」は宝塚雪組により行われる舞台で、2017年11月から宝塚大劇場で公演される。雪組の新トップとなる望海風斗と真彩希帆の宝塚大劇場お披露目となる「ひかりふる路」、「ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅の愛-」の演出を担当した生田大和が作、演出を担当する。フランス革命期の政治家で、その理想のためには手段を選ばない、フランスを代表する革命家の1人であるマクシミリアン・ロベスピエールの物語。宝塚ではフランス革命をモデルとした舞台を数多く公演している、今回マクシミリアン・ロベスピエールの物語をどのように宝塚風に演出するのか楽しみだ。雪組新トップとなる望海風斗と真彩希帆の演技とともに注目したい。

雪組 ひかりふる路 革命家、マクシミリアン・ロベスピエール

3,862人が登録中

すべての公演 出品中 (1788) リクエスト中 (1)

もっと見る(60件) 閉じる

あと10日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宝塚歌劇 ひかりふる路のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/16 00:00更新)

「ひかりふる路」について

「ひかりふる路」の魅力とは

「ひかりふる路」は宝塚雪組により2017年11月から宝塚大劇場で公演される舞台。宝塚雪組の新トップとなる望海風斗と真彩希帆の大劇場お披露目公演となる。物語の舞台はフランス革命期。宝塚歌劇では度々題材として取り上げられている革命家、マクシミリアン・ロベスピエールの物語を、「ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅の愛-」などを手掛けた生田大和が作、演出する。

マクシミリアン・ロベスピエールはフランス革命期の政治家で、それまでフランスを支配していたブルボン朝のルイ16世の処刑を強行に主張した人物として知られている。また、革命の理念ため手段を選ばず、議会の主導権を握ってからは粛清を伴う恐怖政治を行い、独裁者としてのイメージもある。しかし私生活は質素で清廉潔白、市民からの人気、とくに女性人気が高い人物であった。

マクシミリアン・ロベスピエールが革命へ向ける熱い思いと仲間たちとの絆、そしてロマンスが描かれる歴史ミュージカル。宝塚雪組の新トップとなる望海風斗と真彩希帆はこの物語を一体どのように演じるのだろうか。宝塚雪組の新しい姿とともにこの壮大な物語を大劇場へ足を運んで鑑賞したい。

ひかりふる路が好きな方はこんなチケットもおすすめ