林田健司は、東京都出身の作曲家、シンガーソングライターだ。1991年に1stシングル「SHERRY」をリリースしデビュー。同年には1stアルバム「RAPHLES」が発表となった。その後の2ndシングル「Jealousy In Love」、3rdシングル「Heart Of Gold」、5thシングル「Crazy Funky Down」はメナード化粧品のCM、ミラービールのCM、日本テレビ系で大ブームとなったバラエティ番組「マジカル頭脳パワー!!」のエンディングテーマにそれぞれタイアップされヒットを記録している。現在も彼は作曲家、編曲家、そしてアーティストとして精力的に活動しており、2017年もライブツアーを敢行する。

林田健司の日程

12人が登録中

現在登録されている公演はありません

あと7日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

林田健司について

林田健司の魅力とは

シンガーソングライター、作曲家、編曲家など様々な顔を持つアーティスト林田健司。1991年に歌手デビューし、数多くのヒット曲をリリース。一時活動を休止するものの、2001年にシングル「imaがよければいいんじゃない?」で活動を再開すると、これを機にKinKi Kidsのシングル「ビロードの闇」、や関ジャニ∞のシングル「イッツ マイ ソウル」、中森明菜のシングル「落花流水」、杏子 「特別な A Midsummer Night」、MISIA「HOLIDAY」など数多くの楽曲を他アーティストへ提供しており、特にSMAPの「青いイナズマ」やブラックビスケッツの「STAMINA」のヒットで作曲家として認知されることも多くなった。

そんな中でも自身のライブ活動は精力的におこなっており、Kwenji Hayashida名義でユニット東京コール・プロジェクトやラテンファンクバンドeroticaoのボーカルなど幅広い活動を続けている。2017年には「林田健司 2017 LiveTour 25+1 25周年プラスワンツアー」を開催。25周年となった2016年から1年経ったプラスワン。最後のツアーのつもりで挑むと意気込んでいる。

林田健司が好きな方はこんなチケットもおすすめ