服部和彦は東京出身の作曲家、音楽プロデューサーである。東京国際室内楽作曲コンクール審査委員長、日本作曲家協議会会員、国際芸術連盟会長も務める。1973年に作曲コンクールに1位入賞すると音楽活動を開始。 1975年、国際芸術連盟会長に就任後は、琴祥流琴祥会会長、日韓音楽文化交流委員会代表などを歴任している。 室内楽を中心に独奏曲、管弦楽、劇音楽など数多くのジャンルで活躍。Asia Composers Leagueのフェスティバルを始め、7回に渡り室内楽作品が入選する実績を持つ。服部和彦は朗読家の発掘や育成にも尽力、東洋思想、物理学、超心理学なども研究し講演や執筆活動を行うなど幅広く活動している。新聞、雑誌等での執筆もしており「現代ギター」でのコンサート批評など多数に渡っている。

服部和彦の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

服部和彦について

服部和彦の魅力とは

東京出身の作曲家、音楽プロデューサー、服部和彦。東京国際室内楽作曲コンクール審査委員長、日本作曲家協議会会員、国際芸術連盟会長も務める。1973年に作曲コンクールに1位入賞すると音楽活動を開始。 1975年、国際芸術連盟会長に就任後は琴祥流琴祥会会長、日韓音楽文化交流委員会代表などを歴任している。 室内楽を中心に独奏曲、管弦楽、劇音楽など数多くのジャンルで活躍。
Asia Composers Leagueのフェスティバルを始め、室内楽作品が7度入選する実績を持っている。「歌曲作品展」、「語りと音楽の世界」をなどこれまでに20回を超える作品個展を開催。CDや楽譜の出版も多数だ。楽譜は海外でも出版され、ヨーロッパの室内楽団やオーケストラから作曲を依頼、招かれることも多い。
また作曲だけに留まらず音楽プロデューサーとしても活動している。「日本現代音楽展」など、国内外の現代音楽の紹介やフェスティバルなどの制作にもあたっている。朗読家の発掘や育成にも尽力、東洋思想、物理学、超心理学なども研究し講演や執筆活動を行うなど幅広く活動している。
新聞、雑誌等での執筆もこなし、「現代ギター」ではコンサート批評などで注目を集めている。

服部和彦が好きな方はこんなチケットもおすすめ