波多野睦美は、1990年から活動しているメゾソプラノ歌手である。1964年年に宮崎県で生まれ、宮崎大学教育学部を卒業後、公立高等学校の教員として音楽講師として勤務後に、イギリスのトリニティ音楽大学声楽専攻科を修了している。帰国後に非常勤講師の傍ら、初めてリサイタルを行い、1990年からはリュート奏者のつのだたかしとリュートソングのデュオを結成し、シェイクスピア時代のリュートソングでデビューを果たしている。以来、国内外で多くのコンサートや音楽祭に出演し幅広く活動しており、バロックオーケストラとの共演を重ねている。日本の音楽番組に多数出演していることでも知られており、深い表現力と存在感で注目されている。

波多野睦美の日程

4人が登録中

あと7日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

波多野睦美の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

波多野睦美のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/18 12:00更新)

波多野睦美について

波多野睦美の魅力とは

波多野睦美は、宮崎県出身のメゾソプラノ歌手である。宮崎大学教育学部を卒業後、公立高等学校の音楽講師として勤務した後、イギリスのトリニティ音楽大学声楽専攻科を修了し、帰国後に初のリサイタルを開催した。1990年には、リュート奏者のつのだたかしを中心に結成された中世古楽器編成による古楽アンサンブルのタブラトゥーラのゲストヴォーカルとして、デビューを果たしている。それ以来、国内外でのコンサートや音楽祭にも出演を重ねるようになり、バロックオーケストラとの共演も多数行っている。現代音楽においても、2001年に中日韓米世界平和祈念コンサートで間宮芳生の「セレナーデIII」を世界初演しているほか、サイトウキネン武満徹メモリアルコンサートやサントリーホールでの「作曲家の個展2013権代敦彦」等にも出演している。また、音楽番組「NHKニューイヤーオペラコンサート」や「らららクラシック」、「名曲アルバム」、「日本の叙情歌」、「題名のない音楽会」などにも出演するなど、日本の音楽メディアへの露出も多くなっている。それらの活動の傍らで、CD作品の収録にも力を入れており、2015年8月には古楽器との共演作品「イタリア歌曲集」をリリースし、高い評価を受けている。

波多野睦美が好きな方はこんなチケットもおすすめ