秦基博は宮崎県出身の男性シンガーソングライター。名前の読み方は「ハタ モトヒロ」。2006年にシングル「シンクロ」でデビューを果たした。CMやテレビなど多くのタイアップをしており、彼の楽曲の中でも「鱗」「アイ」「グッバイ・アイザック」「Rain」などは名曲としてファンに愛されている。名前の読み方は「ハタ モトヒロ」。アコースティックギター弾き語りスタイルで「鋼と硝子で出来た声」と言われる何処かに影を含んでいるのに、透き通る力強い声。その美しいメロディと声は、気がつけば何度も何度も聴いてしまう不思議な中毒性を帯びている。疲れた心を癒し、心に沁みいる歌詞、静かさと熱さが混在された秦基博の世界に、アーティストのファンも多い。

秦基博の日程

3,535人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

秦基博のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 06:00更新)

秦基博(ハタモトヒロ) Live情報

ジャンルを超えて各方面から絶賛、秦基博(ハタモトヒロ)の魅力を徹底解剖

秦基博が今いいよ・・・。近年各方面から頻繁に耳にするフレーズのひとつかもしれない。ヘヴィメタルだろうがハードロックだろうがエモだろうが、そんなジャンルを好むリスナーでも、一度でも彼の楽曲を耳にすれば秦基博をきっと気に入ってくれるはずだ。音楽とはなんなのかと、ふと考えてしまうような優しいメロディ。自分自身の素直な気持ちをアコースティックギターと一緒に拡げていく姿は、優しさや落ち着きを感じさせてくれるのかもしれない。その雰囲気や音楽センスは業界多方面で評価を得ており、ロック・イン・ジャパンなどをはじめとする数々のフェスから引っ張りだこである。

ハードでパワフルな音楽を求めてくる「夏フェス」のオーディエンス達も、秦基博がステージに姿を見せれば、気が付くと身体を揺らすのを辞め、じっと彼の音に聴きいってしまう。音楽が本来持つ魅力を存分に見せつけてくれる秦基博だからこそ、チケットを購入しライブへ訪れて欲しい。なんとなくの気持ちで会場に訪れても、きっと再び秦基博のチケットをリピートすることになるだろう。ライブハウスクラスでのワンマンライブは定期的に行ってるだけに、今後もオフィシャルサイトなどで秦基博の情報は収集し続けていきたいところであり、常にアンテナを張り続けることをオススメする。

秦基博が好きな方はこんなチケットもおすすめ