橋 幸夫は昭和の時代を彩ってきた歌謡歌手である。1943年5月生まれで、東京都荒川区出身。中学2年の時から作曲家の遠藤 実に師事し、高校1年生の時にJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントのオーディションに合格し、1960年に「潮来笠」でデビューを果たしている。なお、同曲で「第2回日本レコード大賞」の新人賞を受賞し、「第11回NHK紅白歌合戦」にも初出場を果たした、以降「紅白歌合戦」には17回連続出場、通算19回に渡って出場している大御所である。また、後続の舟木一夫、西郷輝彦らと共に元祖御三家としてアイドル的な人気を集めていた。以降、数々の賞を受賞し実力と人気を兼ね備えた人気歌手として、500曲に渡る作品を世に送り出している。

橋幸夫の日程

5人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

橋幸夫のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/24 00:00更新)

橋 幸夫について

橋 幸夫の魅力とは

橋 幸夫は、昭和を彩る人気歌謡歌手である。9人兄弟の末っ子として生まれ、学生時代にはボクシングに熱中するスポーツ少年であったが、中学2年の時から作曲家の遠藤 実に師事し音楽の世界へ入るきっかけとなった。高校1年生の時にJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントのオーディションに合格すると、1960年に「潮来笠」でデビューを果たし、同曲で「第2回日本レコード大賞」の新人賞を受賞ならびに「第11回NHK紅白歌合戦」にも初出場を果たす。

人気はうなぎ上りに上昇し、後にデビューする舟木一夫と西郷輝彦らと共に元祖御三家としてアイドル的な人気を集めた。なお、2000年頃から御三家はG3Kと名乗り、ユニットとして活動したこともあり、テレビ時代劇「水戸黄門」では主題歌「あゝ人生に涙あり」を3人で歌っている。

1962年に吉永小百合とのデュエット曲「いつでも夢を」は記録的大ヒットとなり、「第4回日本レコード大賞」を受賞。人気と実力を兼ね備えた人気歌手としての地位を見事に獲得する。以降、500曲に渡る作品を世に送り出し、俳優としても活躍。近年では、NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」において本人役で出演している。

橋幸夫が好きな方はこんなチケットもおすすめ