ハルカトミユキとは2012年にインディーズからデビュー、その年の2枚目のミニアルバムに収録される「ドライアイス」が全国で話題となり人気急上昇中の女性デュオユニット。2人揃ってアメリカの伝説的ロックバンド、ニルヴァーナのファンでユニットとしての音楽性もどこか陰鬱とした雰囲気を漂わせるロックサウンドを響かせている。デビューから間もなく注目のユニットとなり2013年には期待の新人として選ばれるなどその都度話題を集めている。2013年には1stフルアルバムを発表、ワンマンライブや自身が主催するライブなどアーティストとして多彩な活動を行っていく。高い影響力を持つユニットとしてオムニバス作品にも参加、実力派ユニットとして活躍を広めている。

ハルカトミユキの日程

146人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

明治座

北九州芸術劇場

梅田芸術劇場

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ハルカトミユキのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/21 18:00更新)

ハルカトミユキについて

ハルカトミユキの魅力とは

ハルカトミユキとは繊細な歌詞と大胆なロックサウンドを響かせ女性デュオとして異色の存在感を放っている音楽ユニット。アルバム収録曲である「ドライアイス」がラジオなどで放送され、全国的な人気を見せることになった。大学で出会ったというボーカルのハルカとキーボードのミユキにより結成され、学生時代から音楽に関して意気投合、現在もいかんなく発揮している独特の世界観を作り出している。楽曲の制作はボーカル担当のハルカが担当。かねてから短歌を作る「歌人」としての姿も持ち、歌集を出版するほどの腕前を持つ。そんな彼女が紡ぎ出す言葉の数々は繊細かつ大胆。メッセージ性の高さもずば抜けており、過去に発売されたEPはいずれも長いタイトルでインパクトを与えている。その反面ミニアルバムではシンプルな単語をタイトルへと用いて第一印象をガラッと変える。ユニットとして活発な音楽活動を展開しながら、2016年にはハルカの女優活動も開始。劇団東京マハロ作品へと出演している。紡ぎ出す歌詞とロックサウンド、ロックを用いながらも透明感を感じるその不思議な世界観に魅了される人が続出している。活動開始から5年が過ぎ既に高い人気を得る彼女達、次なる展開に加えさらに音楽性を増したサウンドの発表にも期待がかかる。

ハルカトミユキが好きな方はこんなチケットもおすすめ