涼宮ハルヒの憂鬱は、2003年から角川スニーカー文庫より刊行されている谷川 流のライトノベルである。世界15カ国で発売され文庫、コミックスと合わせて累計発行部数は1650万部に達する大ヒット作品。「このライトノベルがすごい!」では2005年版から4年連続でベスト10入りを果たしたほか、第8回スニーカー大賞など様々な賞を受賞。2005年より漫画版の連載が始まると、2009年の新作を交えた全28話のアニメーションが放送開始。その奇抜な世界観と独特の映像描写で一気にハルヒブームが巻き起こることとなった。その後劇場版の公開、様々なスピンオフ作品が発表され、涼宮ハルヒの憂鬱はライトノベルの中で最も成功した作品と評されるようになった。

涼宮ハルヒの憂鬱の日程

47人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

涼宮ハルヒの憂鬱の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

涼宮ハルヒの憂鬱のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 18:00更新)

涼宮ハルヒの憂鬱について

涼宮ハルヒの憂鬱の魅力とは

世界15カ国で発売され文庫、コミックスと合わせて累計発行部数は1650万部に達する大ヒットとなった涼宮ハルヒの憂鬱。
第8回スニーカー大賞を受賞した他「このライトノベルがすごい!」では2005年版から4年連続でベスト10入りした唯一の作品となっている。
さらに2005年より月刊少年エースにて漫画版の連載開始すると、翌2006年には深夜枠にて京都アニメーション制作で全12話のテレビアニメーションが放送された。
2009年からは新作の14話を加えて全28話が放映され、そのクオリティーの高さから一気にカルト的人気を誇るようになった。2010年には劇場版映画「涼宮ハルヒの消失」が公開。声優陣によるライブなども開催されている。またエンディングテーマである「ハレ晴レユカイ」はキャラクターが全編に渡って踊ることも話題を呼んだ。この振り付けは非常に人気を博し、踊る動画が日本のみならず海外でも数多く投稿された。
また、同シングルは10万枚以上が出荷され、日本レコード協会2006年7月度ゴールド認定作品となり、2006年上半期日本アニカン大賞 主題歌シングル部門1位を獲得している。2016年には第1期アニメ放送の10周年を記念して劇場独自の音響システムを使用して上映する「極音上映」でのアニメ上映会の開催が決定した。

涼宮ハルヒの憂鬱が好きな方はこんなチケットもおすすめ