原田薫は、日本を代表する女性ジャズダンサーである。5歳の時からバレエをはじめ、16歳からジャズダンスをはじめている。日本のジャズダンスシーンを牽引する立役者として知られ、シルエットや軌道、音感覚すべてが素晴らしいと賞賛を受けている。ダンサーだけではなく、振付師としても活動しており、活動の幅は舞台作品のみに止まらず多彩な活動を展開している。2013年には初のソロ公演「モノクローム」を東京、広島、大阪の3都市で上演し、話題を集めた。主な振付作品には、三谷幸喜演出の「TALK LIKE SINGING」や「国民の映画」、「おのれナポレオン」などのほか、劇場版「BREACH」や映画「任侠ヘルパー」や「清須会議」が挙げられる。

原田薫の日程

23人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

梅田芸術劇場

赤坂ACTシアター

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

原田薫のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/19 00:00更新)

原田薫について

原田薫の魅力とは

原田薫は、振付師としても活動するジャズダンサーである。5歳の時からバレエをはじめ、16歳からジャズダンスをはじめており、現在は舞台を中心に活動しながらインストラクターしても活動。視線や手先、足先までもが洗練されており、そのシルエットや軌道、音感覚すべてが素晴らしいと称賛され、100年経っても見つけられないまで言われている逸材だ。2013年にはソロ公演「モノクローム」を開催し、翌2014年には同公演のリバイバルを上演しているほか、2013年〜2015年には出演・振付に自身とYOSHIE、松田尚子、Oguriを交えた「BIG 4 SHOWCASE」に出演。そのほかにも、ブロードウエイミュージカル「CHICAGO 2008 2010」や上島雪夫演出「DECADANCE2001~2004」、広崎うらん演出「学校と食卓」、川崎悦子演出「スイートチャリティー」、小林香演出「Underground Parade」、安室奈美恵の「rock steady」のプロモーションビデオにも出演している。また、三谷幸喜演出の「TALK LIKE SINGING」や「国民の映画」、「おのれナポレオン」などのほか、劇場版「BREACH」や映画「任侠ヘルパー」や「清須会議」などでは振付を担当している。

原田薫が好きな方はこんなチケットもおすすめ