秋田ノーザンハピネッツは、2015年4月に設立されたB.LEAGUEの1部東地区に所属し、秋田県をホームタウンとするバスケットボールチームだ。チーム名はみんなが幸せを共有できるようにという願いを込めた「ハピネッツ」と市民クラブチームの先駆けとなったラグビーチーム「秋田ノーザンブレッツR.F.C」の冠名を組み合わせたもの。チームマスコットのピンク色のカエル「Bicky(ビッキー)」とチアダンスチーム「ハピネッツチアダンスチーム」がブースターたちと会場をピンク色に染める。日本代表候補の田口成浩(SG)をキャプテンに、211cmのスコット・モリソン(C)、2シーズン振りに復帰したディショーン・スティーブンス(F)、新たに加入したケビン・パルマー(SF/PF)など強力な布陣を敷いた秋田ノーザンハピネッツから目が離せない。

秋田ノーザンハピネッツの日程

24人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

秋田ノーザンハピネッツのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

秋田ノーザンハピネッツについて

東北屈指の強豪チーム・秋田ノーザンハピネッツの魅力とは

2005年にbjリーグが発足して以降、日本男子バスケットボールのトップリーグはbjリーグとJBL(2013年からNBLに改編)の2リーグが併存する状態が続いていた。国際バスケットボール連盟 からの強い要望を受け、川淵三郎をチェアマンとした「JAPAN 2024 TASKFORCE」の主導の下、2015年4月、長年の課題だった統一プロリーグ・JPBLが設立された。JPBLは通称「B.LEAGUE」と呼ばれ、1部(18チーム)、2部(18チーム)、3部(9チーム)の階層に分かれ、1部と2部は東・中・西地区に分かれてリーグ戦とチャンピオンシップを争う。

B.LEAGUE1部東地区に所属する秋田ノーザンハピネッツは、バスケファンには馴染みの深い能代工業高等学校で知られる秋田県を本拠地にして、2010-11シーズンからbjリーグに参入した。リーグでは毎年首位争いに加わり、2度の準優勝を果たした東北屈指の強豪チームだ。
ピンク色のカエルのマスコットキャラクター「Bicky(ビッキー)」が天井直撃ダンクシュートを放ち、ピンク色のユニフォームの「ハピネッツチアダンスチーム」が煌びやかなパフォーマンスショーを披露する。
3ポイントシュートの名手で日本代表候補にも選ばれた田口成浩(SG)をキャプテンに、新たに白濱僚祐(SF)、安藤誓哉(PG)、藤江建典(SF)、ケビン・パルマー(SF/PF)を獲得した。B.LEAGUEを戦い抜くための布陣は整った。

秋田ノーザンハピネッツが好きな方はこんなチケットもおすすめ