半﨑美子は、2007年より活動している北海道出身の歌手である。2017年にメジャーデビューを果たした注目のアーティストだ。桑田佳祐笑福亭鶴瓶も絶賛しており、桑田は自身のラジオ番組で半﨑のことを「日本のアニタ・ベイカー」と褒めるほど。同ラジオ番組では、「2016年ベスト20歴代スポットライト受賞作品 邦楽編」に「二人の砂時計」が受賞楽曲として選ばれた。そこから一気に知名度が上がり、メジャーデビューという大きな夢を叶えることができた。一度聴いただけでファンになってしまうほど素敵な歌声の持ち主。そんな、大物アーティストも大絶賛の半﨑美子には、今後もさらなる活躍が期待できるだろう。

半﨑美子の日程

40人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

半﨑美子のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/21 18:00更新)

半﨑美子について

半﨑美子の魅力とは

半﨑美子は、歌手になるという夢を叶えるべく大学を中退し上京。歌手としてデビューを果たし、ショッピングモールを中心にライブをおこなっていた。ショッピングモールの歌姫とも呼ばれるほど数多くのライブをおこない、1時間以上のサイン会までおこなわれるほどの人気ぶり。17年も地道な活動を続け、2017年にメジャーデビュー。当初、歌手になることを猛反対していた父親も親戚中に知らせるほど喜んだようだ。

半﨑の魅力は、心に沁みる歌詞と歌声。実際、彼女の歌を聴いて泣いてしまうという人が多く、泣かせ歌とも呼ばれているほどだ。優しくもあり悲しくもある独特な歌声、そしてシンプルな言葉だけど心に真っ直ぐ届く歌詞がとてもマッチしている。17年という長い間、夢を叶えるべく真っ直ぐに突き進んできた彼女の人生が映し出されているかのようだ。

ミニアルバム「うた弁」でメジャーデビュー。このアルバムの中には、NHKの「みんなのうた」で2017年4~5月に流れ話題となった「お弁当ばこのうた あなたへのお手紙」やTBS系の「噂の!東京マガジン」のエンディングテーマに採用された「鮮やかな前途」が収録されており、ほかにも彼女の魅力あふれる楽曲が揃っている。普段忘れかけている大切なことや人などを改めて考える良い機会にもなる一枚だ。ぜひ一度、半﨑美子のライブに足を運んでみてほしい。

半﨑美子が好きな方はこんなチケットもおすすめ