きりく(KIRIKU)ハンドベルアンサンブルはハンドベル界のトップ奏者として知られ、世界的に活躍する大坪泰子が主宰のハンドベル楽団である。2004年に浜離宮朝日ホールにてデビュー。通常フルアンサンブルは13人で組むところ、きりくハンドベルアンサンブルは6人から8人での編成。しかし使用する楽器の数は変わらないのでメンバーそれぞれが倍近い動きをすることになるのだ。このアンサンブルで奏でられる音色は本当に感動を呼び泣けると評判で、各地行われるコンサートも人気を博している。主宰の大坪泰子はハンドベルの既成概念を次々に覆す若き第1人者。ハンドベル芸術の最高峰と評される、きりく(KIRIKU)の音色をぜひ会場で体感してみたい。

きりく(KIRIKU)の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

きりく(KIRIKU)について

きりく(KIRIKU)の魅力とは

ハンドベル界のトップ奏者として知られ、世界的に活躍する大坪泰子が主催のきりく(KIRIKU)ハンドベルアンサンブル。
2004年に浜離宮朝日ホールにてデビュー。日本のみならずアメリカツアーなども敢行している。

通常フルアンサンブルは13人で組むところ、きりく(KIRIKU)は6人から8人での編成。しかし使用する楽器の数は変わらないのでメンバーそれぞれが倍近い動きをすることに。このアンサンブルで奏でられる音色は本当に感動を呼び泣けると評判で各地行われるコンサートも人気を博している。
主宰の大坪泰子はハンドベルの既成概念を次々に覆す若き第1人者。ハンドベルによるカーネギーホール公演は世界初となる。また、大統領夫妻の招待によるホワイトハウスでの演奏会などその音楽性は海外でも高く評価されている。ハンドベル界のパイオニアとしてウィーンフィルのトップメンバー達と共演するなどヨーロッパでも活躍。講師としての要請も多く、国際フェスティバルの招待講師なども務め、きりくハンドベルアンサンブルにおいて芸術監督を担当している。

ハンドベル芸術の最高峰と評される、きりく(KIRIKU)の演奏を体感すれば、必ずその音色に魅了されることは間違いないだろう。

きりく(KIRIKU)が好きな方はこんなチケットもおすすめ