花總まりは、元宝塚歌劇トップ娘役で、現在は舞台を中心に活躍している女優。1991年に宝塚歌劇団に入団し、1994年から雪組、1998年から宙組にて合計5人のトップスターの相手役として娘役トップスターを務めた。花總まりの12年を超えるトップ娘役在任期間は、最長記録として伝説と言われている。代表作は、日本初演となった「エリザベート」のエリザベート役等。卒業後はしばらく表舞台には立たなかったものの、近年舞台を中心に活動の幅を広げている。2015年は再びエリザベート役に挑戦し、喝采を浴びた。初舞台から25年、退団から10年という節目の2016年、初のソロコンサート「25th Anniversary 花總まり First Concert 〜Especially For You〜」を開催。また、2016年には東宝版初演となる「1789」にて、元宙組トップスター・凰稀かなめと役替りで演じるマリー・アントワネットにも注目が集まっている。

花總まりの日程

174人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

花總まりのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

花總まりについて

花總まりは、舞台を中心に活動する女優。元宝塚歌劇雪組・宙組のトップ娘役で、歴代最長となる12年3ヶ月のトップ娘役在任期間を誇る。計5名のトップスターの相手役として活躍し、2006年に宝塚歌劇を卒業。宝塚時代の代表作は、日本初演の「エリザベート」のエリザベート役。他にも、宝塚を代表するヒロインはほぼ演じていると言っても過言ではない。

宝塚を卒業後の花總まりは、しばらく表舞台での活動はなかったものの、2010年ころから徐々に舞台活動を再開。2014年に出演した「レディ・ベス」「モーツアルト!」の好演が評判となり、「月刊ミュージカル」誌ではミュージカル女優部門第1位に選ばれた。 2015年には、「エリザベート」に出演。初演でエリザベートを演じた花總まりが再び同じ役で舞台に挑み、当時と変わらない清らかさ、当時を超えた演技は絶賛された。

2016年は、初舞台から25年、宝塚卒業から10年という節目の年となる。2月には、初のソロコンサート「25th Anniversary 花總まり First Concert 〜Especially For You〜」を赤坂ACTシアターにて開催。また、東宝版初演となる「1789」にてマリー・アントワネットを演じる。これは元宙組トップスター・凰稀かなめとの役替り、元星組トップ娘役・夢咲ねねとの共演とあって注目を集めている。 特に、初となるソロコンサートは公演日程も少ないため、チケットの入手が困難となりそうだ。

花總まりが好きな方はこんなチケットもおすすめ