夏の風物詩といえば花火大会だ。色とりどりの花火が、暗い星空の中にパッと輝く様は、切なくも感動的な芸術である。日本三大花火大会は、「長岡まつり花火大会(新潟)」「土浦全国花火競技大会(茨城)」「全国花火競技大会『大曲の花火』(秋田)」だと言われている。また日本の三大競技花火大会の1つである「伊勢神宮奉納全国花火大会(三重)」も、1度は見ておきたい花火だろう。花火の始まりは、江戸時代初期にまで遡るという。そして日本最古の花火大会は1650年(慶安3年)に行われたとも言われており、このことからも文化として現代まで愛され続けてきたことが分かる。日本には開花の直径が800mにも及ぶ世界最大の花火「四尺玉」も存在する。このように世界に誇る文化芸術である「花火」は、今年も一夏の思い出としてあなたの心に残ること間違いなし。

公演間近!

あ〜お

は〜ほ

  • 「ハウステンボス 花火大会」は、長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」で行われる花火大会である。ハウステンボスではほぼ1年に渡って「九州一花火大会」「世界花火師競技会」「スペシャルテーマ花火」などの花火大会が…