夏の風物詩といえば花火大会だ。色とりどりの花火が、暗い星空の中にパッと輝く様は、切なくも感動的な芸術である。日本三大花火大会は、「長岡まつり花火大会(新潟)」「土浦全国花火競技大会(茨城)」「全国花火競技大会『大曲の花火』(秋田)」だと言われている。また日本の三大競技花火大会の1つである「伊勢神宮奉納全国花火大会(三重)」も、1度は見ておきたい花火だろう。花火の始まりは、江戸時代初期にまで遡るという。そして日本最古の花火大会は1650年(慶安3年)に行われたとも言われており、このことからも文化として現代まで愛され続けてきたことが分かる。日本には開花の直径が800mにも及ぶ世界最大の花火「四尺玉」も存在する。このように世界に誇る文化芸術である「花火」は、今年も一夏の思い出としてあなたの心に残ること間違いなし。

あ〜お

た〜と

  • 調布市花火大会は東京都調布市多摩川河川敷で毎年開催される花火大会である。1933年に日本煙火競技連盟と調布市観光協会の主催で始まったが周辺の住宅化事情により中止。その後1982年に調布市花火大会と名称を変更し復活した。日…

な〜の

は〜ほ

  • 「ハウステンボス 花火大会」は、長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」で行われる花火大会である。ハウステンボスではほぼ1年に渡って「九州一花火大会」「世界花火師競技会」「スペシャルテーマ花火」などの花火大会が…

全国花火大会情報

夏の風物詩!花火大会の魅力とは

夏を彩る花火大会は、日本人とは切っても切り離せない存在だ。日本における花火の始まりは、1613年にまで遡る。初めて打ち上げられた時に立ち会っていたのが徳川家康で、そこから将軍や大名に伝えられ江戸中に花火が広まったという。現在でも「たまや~」「かぎや~」という掛け声が伝わっているように、玉屋と鍵屋という人気花火師が登場したのもこの時代だ。そして1650年には日本最古の花火大会が行われたと伝えられている。その後も花火は進化し続け、現在日本の花火技術は世界でもトップクラスだと言われている。

日本の花火の種類は、大まかに何種類かに分類できる。一般的な打ち上げ花火である「割物」、球体が2つに割れて細工が飛び出る「ポカ物」、記号や絵を描く「型物」、そしてナイアガラの滝やスターマインなどの「仕掛け花火」といった種類があり、それらが合わさることで新たな魅力が生まれる。また、日本の花火は「どこから見ても丸い」ことが特徴的だ。花火は完全な円形になることが理想とされているため、花火競技会ではこの「盆」と呼ばれる円が評価基準となっている。花火師は1年を通じて花火を製作しており、花火大会では丹精込めてつくられた芸術作品を見ることができる。夜空に輝く花火は、きっと風情に溢れた日本の夏を感じさせてくれる。