浜野与志男は、3歳からピアノを始め、東京藝術大学ピアノ専攻を経てロンドンの王立音楽大学大学院で修士号とアーティストディプロマを取得した気鋭のピアニストだ。2011年に若手音楽家の登竜門である日本音楽コンクールで優勝に輝き、一躍脚光を浴びる。コンクール後にアメリカに短期留学し、さらに研鑽を積む。マルメ北欧ピアノコンクールやアルマトィ国際ピアノコンクールなど数多くのコンクールで受賞を重ね、海外の音楽祭への出演や日本フィル東京交響楽団、ルント市交響楽団、セントラル愛知交響楽団などと共演を行う。2017年2月には「バッハからコンテンポラリーへ」をテーマにしたリサイタルシリーズ「B→C」に出演する。みずみずしい演奏で将来を嘱望されている浜野与志男の珠玉の旋律を聴いてほしい。

浜野与志男の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

浜野与志男について

日ロ両国の期待のピアニスト、浜野与志男の魅力とは

母の母国であるロシアのモスクワを拠点に音楽活動を展開しているピアニスト浜野与志男。2005年に東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校に入学後、モスクワ市内でソロ・リサイタルデビューする。2006年にアレムダル・カラマーノフ国際ピアノコンクールで優勝し、日ロ両国から期待の若手ピアニストとして注目された。

2007年にはロシア国立チャイコフスキー四重奏団・モスクワ市文化庁共催音楽祭「ロシアにおける春」に招聘されたほか、キルギス共和国でのリサイタル「ビシケクー東京2007」でみずみずしい演奏を披露し絶賛を浴びた。現在、日本をはじめロンドン、モスクワなどで定期的にリサイタルを開催するほか、東日本大震災被災地での演奏活動やチャリティ・コンサートなどの自主企画公演に精力的に取り組んでいる。

子供の頃よりプロコフィエフ、スクリャービン、ラフマニノフ、シュニトケなどのロシア音楽に親しんできた彼。リサイタルでも積極的にロシアの作曲家を取り上げ、好評を博している。2017年2月には若手演奏家による人気のリサイタルシリーズ「B→C」に出演する。ソヴィエト音楽の一時代を築いた作曲家の演奏に挑む浜野与志男の意気込みを感じていただきたい。

浜野与志男が好きな方はこんなチケットもおすすめ