浜田真理子は、シンガーソングライターとして活動をしている。学生時代よりバー、クラブ、ホテルのラウンジでピアノの弾語りを行っていた彼女は、1998年に発売した1stアルバム「mariko」が一部のマスコミに取り上げられたことで瞬く間に完売。このアルバムは当時僅か500枚のプレスしかしていなかったため、2002年に再プレスされた。チャートでの華々しい活躍などはないものの、彼女の手掛ける楽曲はCMやテレビドラマ、映画作品に数多く起用され、その度に話題と反響を巻き起こしている。2017年4月には、ライブ「Town Girl Blue」をBillboard LIVE TOKYOで行う予定となっており、その後も全国各地でワンマンライブやトークライブを敢行する予定となっている。 彼女の紡ぐメロディを、是非直接体感していただきたい。

浜田真理子の日程

4人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

浜田真理子について

浜田真理子の魅力とは

浜田真理子は、実家が経営していたスナックに幼いころから出入りしており、音楽は常に彼女の身近にある存在だった。口コミで評判が広まったファーストアルバムが瞬く間に完売した彼女は、2002年にマネージメント事務所兼レーベルである美音堂が設立された。6月にシングル「純愛」、10月に2ndアルバム「あなたへ」をリリースし、この頃からライブを中心に本格的にシンガーソングライターとしての活動をはじめる。音楽関係者の間では既に注目されていた彼女の音楽が世間に認知されるきっかけとなったのは、2003年12月に公開された、寺島しのぶ主演映画「ヴァイブレータ」である。この映画の主題歌に「あなたへ」が抜擢され、翌年の2004年にはTBS系ドキュメンタリー番組「情熱大陸」に出演も果たした。

これを機に彼女の楽曲はさまざまなメディアに起用されるようになっていった。彼女の顔や名前は知らなくとも、音楽を聴けば馴染みのあるメロディだと感じる人も多いであろう。大学などで音楽の専門教育などは受けていないながらも、素晴らしいピアノ演奏と誰にでも聴きやすいメロディと歌い方ながらも、魂のこもった歌唱力をもつ浜田真理子。これからも多くの人の耳と心に、彼女の紡ぐメロディは入り込んでいくに違いない。

浜田真理子が好きな方はこんなチケットもおすすめ