2014年6月に韓国にて1stシングルアルバム「38℃」を発売しデビューした6人組新人ボーイズグループ「HALO」 (ヘイロー)。グループ名「HALO」とは、英語で“後光”という意味を持ち、“Hexagon of Absolute Light and the Organization”(6人のメンバー集まった時、自ら輝く)という意味が込められている。1stシングルアルバム「38℃」のタイトル曲「FEVER(原題:体温が熱い)」は“Some(友達以上、恋人未満の関係)”の 彼女への熱い想いが綴られた、一度聴いたら耳に残る中毒性のある楽曲で、韓国の数々のメディアで取り上げられ、たちまち人気を集めた。今年デビューした新人のなかで1番注目され、今韓国の女子中高生から、親しみやすい「ナムチンドル (彼氏にしたいアイドル)」として人気が急上昇している。11月に2ndシングルアルバム「Hello HALO」を発売。タイトル曲 「Come On Now」ではさらにその爽やかな魅力を存分に引き出している。日本デビューが待たれる次世代アイドルの筆頭株「HALO」が、2015年3月に早くも日本初ショーケース「1st SHOWCASE in JAPAN 2015」を開催する。

HALO(ヘイロー)の日程

205人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

HALOの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

HALOのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 00:00更新)

HALO(ヘイロー)について

HALO(ヘイロー)のコンサートの魅力は気迫みなぎるダンスパフォーマンスと類を見ないその歌唱力!

いま、女子が一番”ナムジャチング(彼氏)”にしたい”ナムチンドル”として人気急上昇中の韓国の6人組ボーイズグループ。2014年6月にデビューしたばかりの新人だがその人気は韓国にとどまらず、日本やアジアのK-POPファンにすぐさま広まった。オウン、ヒチョン、ディノ、ジェヨン、インヘン、ユンドンの6人で編成され、平均年齢20歳という若くてフレッシュな今年最も注目のアイドルグループだ。韓国で2015年1月にリリースした新曲「SURPRISE」にて積極的なプロモーション活動を行い、韓国のファンカフェ(ファンコミュニティ)の会員数が1万人を突破し、ファンとの公約であったバンジージャンプにも挑戦した。2015年は韓国のみならず日本、そしてアジアの国々でと活動の場を広げていくであろう「HALO」。そんな彼らが2015年3月に待望の日本初ショーケース「1st SHOWCASE in JAPAN 2015」を開催する。日本デビュー前にもかかわらず、東京公演へのチケット申込みが殺到し、ショーケースのチケットを手にできなかったファンから追加公演の希望が多数よせられ、 そのファンの熱い要望に応えての追加公演として大阪でも公演を行うなど、日本でも人気急上昇している。ショーケースの後には握手会が開催されるとのことで、より近くで「HALO」に会えるというのだから、チケットの応募が殺到するのも納得がいく。

HALO(ヘイロー)が好きな方はこんなチケットもおすすめ