松本白鸚は、歌舞伎役者、俳優の九代目松本幸四郎が2018年1月に襲名予定の名跡。二代目松本白鸚となる。初代は九代目松本幸四郎の父である八代目松本幸四郎。松本白鸚の襲名と共に親子三代で同時襲名することで話題となっている。長男の市川染五郎は十代目松本幸四郎を、染五郎の長男の松本金太郎が八代目市川染五郎を襲名する。九代目松本幸四郎は歌舞伎役者としての活動はもちろん、ミュージカル、舞台、テレビドラマなど幅広く活動している。親・子・孫三代の襲名披露興行が2018年1月の東京歌舞伎座興行を皮切りに全国興行がスタート。二代目松本白鸚として新たに活動をはじめる二代目松本白鸚の今後が楽しみだ。

松本幸四郎の日程

113人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

松本幸四郎の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

松本幸四郎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/18 18:00更新)

松本白鸚について

松本白鸚の魅力とは

松本白鸚は歌舞伎役者、俳優の九代目松本幸四郎が2018年1月に襲名予定の名跡。九代目松本幸四郎は1981年10月に襲名するまでは六代目市川染五郎の名跡であった。歌舞伎だけではなく、現代劇、ミュージカルの世界で活躍しており、ブロードウェイで「ラ・マンチャの男」の主役を、そしてロンドンのウエストランドでは「王様と私」の主役を英語でこなした。大河ドラマや連続ドラマの出演も多く、代表作には「山河燃ゆ」、「王様のレストラン」などがある。1960年台から1970年台には歌手としても活動しており、シングルレコードなどを発表している。

松本白鸚の名跡は九代目松本幸四郎の父が最後に襲名した名跡で、九代目松本幸四郎が襲名すると二代目松本白鸚となる。今回の襲名で、同時に九代目松本幸四郎の子市川染五郎が十代目松本幸四郎を襲名し、孫の松本金太郎が八代目市川染五郎を襲名する。

芸能一家の九代目松本幸四郎、今回同時襲名する市川染五郎、松本金太郎の他、娘の松本紀保、松たか子も芸能界で活躍している。親子、孫の三代襲名披露興行は2018年1月に予定されている、二代目松本白鸚として活動開始する襲名披露興行を是非見に行こう。

松本幸四郎が好きな方はこんなチケットもおすすめ