葉加瀬太郎は、大阪出身のヴァイオリニストである。大学時代に結成した「KRYZLER&KOMPANY」の一員として音楽界から注目を集める。1996年からソロ活動を開始し、2004年には中島美嘉「朧月夜〜祈り」のプロデュースをはじめとして、情熱大陸のオープニングテーマなど多くの楽曲を手がけた。また「セリーヌ・ディオン」のワールドツアーや「アリアナ・グランデ」の楽曲にも参加しており、トップアーティストとして世界的に高い評価を得ている。彼は最もチケット入手が困難な日本のクラシック音楽家の一人であると言われており、「葉加瀬太郎コンサートツアー2016」「情熱大陸 SPECIAL LIVE」など彼のコンサートやイベントは見逃せない。

葉加瀬太郎の日程

2,424人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

葉加瀬太郎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 12:00更新)

葉加瀬太郎について

葉加瀬太郎の魅力とは

葉加瀬太郎はニューエイジ・ミュージックバンド「KRYZLER&KOMPANY」のヴァイオリニストとして、1990年にデビューした音楽家だ。同バンドは1996年に解散し、葉加瀬太郎は本格的にソロの音楽家としてデビューを果たす。その後1995年にバックとして共演した「To Love You More」が大ヒットし、オリコン1位に輝いたカナダ出身の歌姫「セリーヌ・ディオン」のワールドツアーに参加するなど、世界的に活動している。また2002年からはアーティストが自由に創作できるレーベルをつくるという想いから「HATS」を設立し、音楽総監督としても活動を始めた。

葉加瀬太郎の代名詞とも言える「情熱大陸」が同タイトルの番組のテーマ曲となったのは2003年だ。既にあった「Etupirka」を番組プロデューサーが気に入り、エンディング曲とする同時に「オープニング曲も作ってほしい」という依頼を受けたことから誕生したという。このように彼は多くの楽曲を手がけており、2001年からは音楽ライブイベント「情熱大陸」も主催するなど幅広く活動している。彼はもともとはクラシックを専攻しているが、コンサートではそれだけに留まらずポピュラー音楽的要素のある楽曲を聴かせてくれる。これからも葉加瀬太郎は日本を代表するアーティストとして、国内外で活躍してくれることだろう。

葉加瀬太郎が好きな方はこんなチケットもおすすめ