愛知公演 葉加瀬太郎のチケットを取り扱い中です。 最近の葉加瀬太郎のコンサートではひまわりやエターナル、そしてエトピリカがよく演奏されているようです。 中日劇場や愛知県芸術劇場、名古屋国際会議場、日本ガイシホール、ナゴヤドームなど有名な大規模会場が多く存在する愛知県。また、海外アーティストの公演などが開催される名古屋ブルーノート(BLUE NOTE)などや、渋谷につづくクアトロ2号店の名古屋クラブクアトロ、Live House HUCK FINN、CLUB 3STAR今池、HeartLand STUDIOといったライブハウスでも多くのアーティストがライブをおこなっています。チケット到着まで代金は運営預かりだから安心!オークションや掲示板より簡単。

葉加瀬太郎の日程

4,222人が登録中

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

愛知公演 葉加瀬太郎の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

葉加瀬太郎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/28 12:00更新)

葉加瀬太郎について

葉加瀬太郎の魅力とは

葉加瀬太郎はニューエイジ・ミュージックバンド「KRYZLER&KOMPANY」のヴァイオリニストとして、1990年にデビューした音楽家だ。同バンドは1996年に解散し、葉加瀬太郎は本格的にソロの音楽家としてデビューを果たす。その後1995年にバックとして共演した「To Love You More」が大ヒットし、オリコン1位に輝いたカナダ出身の歌姫「セリーヌ・ディオン」のワールドツアーに参加するなど、世界的に活動している。また2002年からはアーティストが自由に創作できるレーベルをつくるという想いから「HATS」を設立し、音楽総監督としても活動を始めた。

葉加瀬太郎の代名詞とも言える「情熱大陸」が同タイトルの番組のテーマ曲となったのは2003年だ。既にあった「Etupirka」を番組プロデューサーが気に入り、エンディング曲とする同時に「オープニング曲も作ってほしい」という依頼を受けたことから誕生したという。このように彼は多くの楽曲を手がけており、2001年からは音楽ライブイベント「情熱大陸」も主催するなど幅広く活動している。彼はもともとはクラシックを専攻しているが、コンサートではそれだけに留まらずポピュラー音楽的要素のある楽曲を聴かせてくれる。これからも葉加瀬太郎は日本を代表するアーティストとして、国内外で活躍してくれることだろう。

葉加瀬太郎が好きな方はこんなチケットもおすすめ