初の本格演劇「すべての犬は天国へ行く」で注目を浴びた乃木坂46が新たな舞台に挑戦する舞台「墓場、女子高生」。数多くの舞台やドラマ、映画などを手掛けたことで知られる脚本家・演出家の福原充則の傑作を、世間を賑わす演劇集団「劇団鹿殺し」の丸尾丸一郎の演出で乃木坂46のメンバーがどう演じるのか話題を呼んでいる。出演メンバーは伊藤万理華、井上小百合、斉藤優里など8名。物語の主役となるのは合唱部の少女たち。いつものように授業をさぼる少女たちの行き先サは学校の裏山にある墓場。墓場にはさまざまな人間が訪れる。少女たちは賑やかにバカ騒ぎを繰り広げながらもある想いに駆られていた。亡くなってしまった友人、日野陽子のことであった…。果たして物語の結末はどこへ向かうのか、劇場で確かめてほしい。

墓場、女子高生 舞台の日程

280人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

墓場 女子高生の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

墓場 女子高生のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 00:00更新)

舞台 墓場、女子高生について

墓場、女子高生の舞台の魅力とは

2011年にAKB48の公式ライバルとしてデビューを飾った乃木坂46。いまでは欅坂46という姉妹グループも誕生しアイドル界のトップを走っている国民的アイドルグループである。そんな乃木坂46が2015年に本格演技「すべての犬は天国へ行く」でシリアス・コメディーに挑戦。連日劇場を熱狂させた。2016年、乃木坂46は本格演技2作目に挑戦する。タイトルは「墓場、女子高生」。

宮崎あおい主演映画「その夜明け、嘘。」で有名な福原充則による脚本の傑作舞台である。福原はベッド&メイキングスの旗揚げ公演にも「墓場、女子高生」を選出し、稽古中は女子高生の気持ちに入り込むために自らもセーラー服を着用し、脚本を執筆中はスクール水着を愛用したという。

ーとある学校の合唱部、授業をさぼる女子高生たちは校舎の裏山にある墓場で遊んでいた。
キャッキャと楽しく騒ぐ女子高生達は亡くなってしまった友人、日野陽子のことをずっと思い悩んでいた。その気持ちを抑えきれなくなった少女達は友人のために、そして自分たちのために行動を起こし始める。

女子高生のキラキラとした眩しさに潜む無防備かつ無自覚さが生む青春の残酷さや、そこに芽生える感情の濃淡を乃木坂46がどう演じるか、話題を集めている。

墓場、女子高生 舞台が好きな方はこんなチケットもおすすめ