元 ちとせとは鹿児島県にある奄美大島出身の奄美民謡を歌いこなす歌手である。幼少期から三線と島唄を習って育ち、2002年にはメジャーデビューシングルであり自身の代表曲でもある「ワダツミの木」をリリースし、同年7月にリリースしたファーストアルバムである「ハイヌミカゼ」が第44回日本レコード大賞ベストアルバム賞受賞し注目を集める。現在は生活の拠点を生まれ故郷である奄美大島に置きながら、音楽活動を精力的に行っている。2016年11月には和歌山県にある世界遺産である熊野那智大社にて「世界遺産 高野・熊野夢舞台コンサート2016」を開催する。FM OSAKA主催で行われる今回のコンサート、神々が棲まう熊野の地にて行われる一夜限りのスペシャルコンサートに奄美の歌姫の歌声が響き渡る。

元ちとせの日程

17人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

元ちとせのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 00:00更新)

元 ちとせについて

元 ちとせとは

鹿児島県奄美大島で育ち伝統的な奄美民謡を歌いこなす元 ちとせは幼少期に母親の薦めで三味線を習い始め、小学生の時に自ら島唄を習い始めた。
高校2年生の時に松竹映画の人気作「男はつらいよ 寅次郎紅の花」で元が唄う島唄「朝花節」が使用され、高校3年生の時には「奄美民謡大賞」の民謡大賞を史上最年少で受賞するなどデビュー前から注目を集めてきた。
2002年にはメジャーデビューシングルとなる「ワダツミの木」をリリース、オリコンシングルチャートでは初登場19位だったが発売から約2ヵ月後に1位となりロングヒットとなる。
サウンドスキャンジャパンで2002年度年間シングルチャートで1位を記録など新人歌手としては最大のヒットとなりNHK連続テレビ小説の「まんてん」の主題歌を担当した。
その後も「千の夜と千の昼」や「いつか風になる日」などのヒット曲をリリース、2016年8月には 配信限定シングルである「君の名前を呼ぶ」をリリースするなど精力的に活動を行っている。
また、ライブ活動も精力的に行っており単独ライブはもちろん交流のある中 孝介などのライブへのゲスト出演や音楽フェスなどに精力的に出演をしている。
2004年後の結婚後、育児のために生まれ故郷である奄美大島に生活の拠点を置き活動を行っている。

元ちとせが好きな方はこんなチケットもおすすめ