母と暮せば」は、山田洋次監督の83作目となる映画であり、松竹120周年記念映画として作られた作品である。 故井上ひさし氏が構想していた広島、沖縄、長崎をテーマにした「戦後命の三部作」を山田洋次監督が引き継いだ形となっており、当作品は「長崎」をテーマに制作され、もちろんロケも長崎で行われた。 ちなみに今作は「広島」を舞台にした井上氏の舞台作品「父と暮せば」と対になるような作品に仕上げられていて、音楽を担当するのはあの世界の坂本龍一氏である。 映画の主演はの二宮和也と吉永小百合。 出演者は他に黒木華、加藤健一、浅野忠信、広岡由里子、本田望結、小林稔侍、辻萬長、橋爪功と実力派の豪華俳優陣が脇を固める。 公開は2015年12月12日だが、それに先駆け協賛のサロンパスが山田監督・二宮和也の舞台挨拶付きのプレミアム試写会が当たるキャンペーンを実施している。 プレミアム試写会の日程は2015年12月3日で、60組120名の当選枠が用意されている。 井上氏の構想を引き継いだ作品であること、なおかつ松竹120周年記念映画、山田洋次監督作品、吉永小百合・二宮和也主演ということで話題性満載の映画「母と暮せば」。 この舞台挨拶付き試写会のチケットは、それこそ「プレミアム」な希少価値の高いチケットとなりそうである。

母と暮せばの日程

352人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

母と暮せばの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

母と暮せばのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 06:00更新)

母と暮せばについて

「母と暮せば」は、山田洋次監督が手がける83作目の映画であり、松竹120周年記念映画として作られた作品だ。 故井上ひさし氏構想の「戦後命の三部作」を引き継ぎ「長崎」をテーマに、井上氏の戯曲「父と暮せば」と対となるような作品として制作された。

物語は、原爆が投下された1945年の三年後である1948年の長崎が舞台となっており、助産婦の母・伸子のもとに原爆で亡くなった息子・浩二が突然現れるところから、母と息子の心の交流を綴る心温まるファンタジー映画だ。 音楽を担当するのはあの世界の坂本龍一氏、また主演は嵐の二宮和也と吉永小百合、その他の出演者も黒木華、加藤健一、浅野忠信、広岡由里子、本田望結、小林稔侍、辻萬長、橋爪功と実力派が揃い、大変豪華な演者・制作者が揃った。 そして公開日の2015年12月12日に先駆け協賛のサロンパスが、山田監督・二宮和也の舞台挨拶付きのプレミアム試写会と劇場鑑賞券が当たるキャンペーンを実施中である。 山田洋次監督が強く深い想いを込めて制作した話題作「母と暮せば」。 内容さながら吉永小百合・二宮和也主演ということで非常に関心が高まっており、この舞台挨拶付き試写会のチケットは、かなりの申込みが殺到しそうである。

母と暮せばが好きな方はこんなチケットもおすすめ