萩原健一(ショーケン)は埼玉県出身、KR株式会社に所属する俳優だ。地元埼玉でスカウトされた萩原は、当時一世を風靡した堺 正章、井上 順、かまやつひろしのグループサウンズ「ザ・スパイダース」の弟分として1967年「ザ・テンプターズ」のボーカルでデビューを飾った。16歳であった萩原は非常に人気者となり、「神様お願い」、「エメラルドの伝説」、「おかあさん」、「秘密の合言葉」、「純愛」などTOP10ヒット曲を次々とリリースし。1970年に解散すると、1972年に松竹映画「約束」の助監督として参加。ひょんなことから代役として出演することになるとこれが評判を呼び、萩原健一は本格的に俳優へと転向することとなった。

萩原健一(ショーケン)の日程

3人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

萩原健一について

萩原健一の魅力とは

埼玉県出身、KR株式会社に所属する俳優 萩原健一(ショーケン)。1967年「ザ・テンプターズ」のボーカルでデビューを飾った。16歳であった萩原は非常に人気者となり、「神様お願い」、「エメラルドの伝説」、「おかあさん」、「秘密の合言葉」、「純愛」などTOP10ヒット曲を次々とリリースし、GS最盛期を支えるバンドとして活動した。1970年に解散すると、1972年に松竹映画「約束」の助監督として参加。ひょんなことから代役として出演することになるとこれが評判を呼び、本格的に俳優へと転向することとなった。人気ドラマ「太陽にほえろ!」のマカロニ刑事役で人気を博すと、1974年に映画「青春の蹉跌」でキネマ旬報 最優秀主演男優賞を受賞。その後、日本テレビのドラマ「傷だらけの天使」や倉本 聰脚本として知られる「前略おふくろ様」など次々とドラマに主演することとなりその人気は不動のものになった。1977年には松竹映画「八つ墓村」や1980年に黒澤明「影武者」など現在も名作とされる映画に出演。1982年の「誘拐報道」ではモントリオール世界映画祭 審査員賞を受賞し、1985年の「恋文」では日本アカデミー賞 優秀男優賞を受賞している。

萩原健一(ショーケン)が好きな方はこんなチケットもおすすめ