萩本欽一(欽ちゃん)は、コメディアン、タレント、司会者、演出家と幅広く活動し、大将などと呼ばれる芸能人である。1970年代から1980年代に流行した彼のギャグ「なんでそーなるの!」や「欽ちゃん走り」は日本中で大流行した。1971年、日本テレビ「スター誕生!」の初代司会を皮切りに「オールスター家族対抗歌合戦」や一連の企画・主演バラエティ番組など番組の顔として活躍したことは有名である。そんな「視聴率100%の男」の異名をとった彼がドキュメンタリー映画に出演。2017年11月、萩本欽一のドキュメンタリー映画「We Love Television?」が公開される。この作品は、「電波少年」のテレビディレクター土屋敏男が彼を追ったドキュメンタリー。彼が映画で見せるものは何か?今もなお精力的に活躍する彼から目が離せない。

萩本欽一(欽ちゃん)の日程

7人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

萩本欽一の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

萩本欽一のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/21 06:00更新)

萩本欽一について

萩本欽一の魅力とは

コメディアン、タレント、司会者、演出家と幅広く活躍し「視聴率100%の男」の異名を持つ萩本欽一。「視聴率100%の男」とは、彼の持つ人気番組「欽ドン!良い子悪い子普通の子」、「欽ちゃんのどこまでやるの!?」、「欽ちゃんの週刊欽曜日」など高視聴率が相次いで叩き出し、各番組を合計した視聴率から称された。彼は、素人及び素人っぽさを残す才能を開花させたり、番組内でユニット結成し曲を出すなどバラエティの基本となるものを生み出した先駆者である。

お茶の間に笑いを届け順調に活動していた彼だが、1985年には当時のレギュラー番組を全て降板。半年間ほど休養に入った。復帰後も数多くの番組に出演し、2010年代に入っても「欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞」などでテレビに登場し続けている。テレビ以外では、2003年から明治座での座長公演を不定期におこなうなど、舞台公演を精力的におこなう。しかし体力的な問題から、2014年3月の公演を最後に大劇場での公演はおこなわないことを明らかにした。

仕事以外では、大の野球好きが講じ、欽ちゃん球団を結成した。自身も野球を楽しみながら野球の楽しさを広めていく。現在に至るまで多岐に渡り活躍してきた彼に今後も注目したい。

萩本欽一(欽ちゃん)が好きな方はこんなチケットもおすすめ