原作はデンマークの童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンの「裸の王様」です。劇団四季は子供が楽しめる舞台としてファミリー・ミュージカルを作っていて、こちらはその第一作目で1964年から上演されてきました。演出・浅利慶太、作曲・いずみたく、装置・金森馨、照明・吉井澄雄、そして当時まだ新人だった詩人、寺山修司が脚本を担当した制作に厚みのある作品になっています。

劇団四季 はだかの王様の日程

8人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

劇団四季 はだかの王様が好きな方はこんなチケットもおすすめ