真夜中のヘヴィロック・パーティー・プレゼンツ取扱中!はちみつぱいは、1971年から活動開始したロックバンドである。1970年、現在のバンドの前身となる精神病院を結鈴木慶一とあがた森魚らで結成。以後、蜂蜜麺麭(はちみつぱい)とバンド名を改名。1972年にバント名の表記をはちみつぱいに改め、1974年の解散まで活動。1988年に1日限りの再結成コンサートを開催、この日を最後にはちみつぱいは完全に解散した。2016年5月に、結成45周年記念ライブ「はちみつぱい 45th ANNIVERSARY Re:Again」を開催。鈴木慶一のミュージシャン生活45周年記念ライブとして27年ぶりに再結成を果たし懐かしいサウンドが蘇ったライブとなった。今後も彼らに注目したい。

真夜中のヘヴィロック・パーティー・プレゼンツ

23人が登録中

あと8日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

はちみつぱいの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

はちみつぱいのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/17 06:00更新)

はちみつぱいについて

はちみつぱいの魅力とは

はちみつぱいは、ボーカルの鈴木慶一を中心に活動するロックバンド。バンド名は、あがた森魚がビートルズの1968年アルバム「ザ・ビートルズ」に収録されている楽曲「ハニー・パイ」から引用して名付けた。メンバーはこれまでに入れ替えなどがありながら現在のメンバーに至る。初期の頃の活動は、バンドメンバーは決まったメンバーではなく、あがた森魚のバックバンド的な活動を行っていた。1971年から蜂蜜ぱいと名乗り、独立したロックバンドとして活動する。1973年には日本のロック史に残る大名盤アルバム「センチメンタル通り」、1974年にはシングル「君と旅行鞄(トランク)」を発売するも、1974年11月のコンサートを最後に解散。鈴木とメンバー間の音楽性の相違が解散原因の一つとされ、その後、鈴木慶一はムーンライダーズを結成。短い活動でありながらファンを魅了し、「センチメンタル通り」は日本の音楽シーンに大きな影響を与え、彼らの活動が高く評価されている。2016年の結成45周年記念ライブのライブアルバム「Re:Again Billboard Live 2016」を発売。今ライブでは故・かしぶち哲郎に代わって長男の橿渕太久磨がドラムを務めた。日本語ロックの先駆者である彼らの活動を今後も期待したい。

はちみつぱいが好きな方はこんなチケットもおすすめ