世界で1番激しいIDOLでしたっ!! 偶想Drop卒業LIVE取扱中!偶想Dropは、世界一激しいアイドルをキャッチフレーズに都内を中心に活動するアイドルグループである。パンクロックやハードコアを伴奏に歌い、ダンスを披露するスタイルで、ラウドロック系アイドルとも呼ばれる。2014年9月20日にデビューライブでお披露目されて以降、アイドル側もオーディエンス側も過激に激しく荒れ狂うライブステージで、各地のライブハウスを熱狂の渦に巻き込んでいる。偶想Dropのファンの総称を「偶神」と呼称しており、共に成長してきた言わば盟友とも呼べる名称となっているのが特徴である。またライブを重ねるごとに進化を続け、確実に口コミと実力でライブ動員数を増やし続けている。現在のメンバーは、黒担当の零、赤担当の咲、黄色担当の結良、水色担当の杏奈の4人編成となっている。

世界で1番激しいIDOLでしたっ!! 偶想Drop卒業LIVE

12人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

偶想Dropのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/22 00:00更新)

偶想Dropについて

偶想Dropの魅力とは

偶想Dropは、2014年9月から活動を開始したアイドルグループである。キャッチフレーズは「世界一激しいアイドル」を提唱しており、パンクロックやハードコアを伴奏に歌い、ダンスを披露するスタイルである。俗に言うラウドロック系アイドルであり、キャッチフレーズ通りライブステージでは、アイドル側もオーディエンス側も過激に激しく荒れ狂うのが特徴である。偶想Dropのファンの総称を「偶神」と呼び、2016年11月にはこれまで共にライブステージでを盛り上げてくれたリスペクトの意を込めシングル曲「偶神」をリリースしている。メンバーは、それぞれ担当の色を持っており、現在のメンバーは、黒担当の零、赤担当の咲、黄色担当の結良、水色担当の杏奈の4人編成となっている。零(れい)は、7月19日生まれで、金属バットを持ちながら登場し、客を踏みつけながらシャウトする。咲(さき)は、3月11日生まれで、特徴は悪魔のようなデスボイスを絞り出すことである。結良(ゆら)は1月27日生まれで、キレキレのダンスで会場を盛り上げている。杏奈(あんな)は、10月24日生まれで、ライブ中にお弁当を食べてしまうほどユルすぎるのが特徴である。

偶想Dropが好きな方はこんなチケットもおすすめ