愚行録 ジャパン・プレミア取扱中!映画 愚行録は、第135回直木賞の候補になった貫井徳郎の小説「愚行録」が原作となっている。愚行録が長編映画監督デビューになる石川 慶監督、ドラマ「深夜食堂」など手がけた向井康介が脚本を務める。また、撮影は邦画映画としては珍しくポーランド出身のピオトル・ニエミイスキが担当し、鮮烈な印象を与えている。羨望や嫉妬、駆け引きなど、誰もが日常的に積み重ねているであろう「愚行」が複雑に絡み合っていく様子を描いたミステリー作品に仕上がっている。主人公の田中武志を演じるのは妻夫木聡、田中の妹を満島ひかりが演じる。その他小出恵介、臼田あさ美、松本若菜、市川由衣、中村倫也など豪華俳優陣が勢揃い。映画「愚行録」を是非劇場へ観に行こう!!

愚行録 ジャパン・プレミア

41人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

映画 愚行録 について

映画 愚行録 とは

第135回直木賞の候補になった貫井徳郎の小説「愚行録」がついに映画化。ポーランド国立映画大学で演出を学び、短編作品中心に活躍していた石川慶監督がメガホンをとり、長編映画監督デビューとなる。脚本を、「松ヶ根乱射事件」ドラマ「深夜食堂」等を手がけた向井康介が担当。そして撮影は邦画映画としては珍しくポーランド出身のピオトル・ニエミイスキが担当している。

愚行録は、絵に描いたような幸せなエリートサラリーマン一家を襲った惨殺事件の真相を解明するために動いている週刊誌記者 田中武志を主人公にした作品となっている。事件の犯人が捕まらないまま1年が過ぎ、改めて事件を追おうと決意した田中武志は取材を開始する。殺害された田向夫婦の関係者への取材を通して、田向夫婦や証言者自身の思いがけない実像が浮き彫りになっていくのである。人が日常的に積み重ねているであろう「愚行」が複雑に絡み合っていく様子を描いたミステリー作品となっている。

本作に出演するのは、妻夫木聡、満島ひかりをはじめ、小出恵介、臼田あさ美、市川由衣、松本若菜、中村倫也、眞島秀和といった豪華実力派俳優陣が勢揃い。彼らの「愚行」の数々を目撃しに劇場へ足を運んでみよう。

愚行録 舞台挨拶が好きな方はこんなチケットもおすすめ