グリーヴァはAins署内MadWinK所属のヴィジュアル系バンド。2012年に活動開始。バンドのコンセプトは「古き良き時代の継承者」であり、90年代後半のヴィジュアル系バンドのイメージを守り続けているバンド。ヴィジュアル系の中でも黒エナメルの衣装に濃いめのメイクを施している。バンド結成に到ったのはボーカルの狂鬼とギターの碌が90年代後半のヴィジュアル系バンドに憧れ、その想いに共感できる志高いメンバーを集めたことが始まり。ファーストシングル「最後ノ晩餐」から始まりセカンドシングル「脳内フラワー」、サードシングル「生ト死」、フォースシングル「絶望ノ朝」など個性的なタイトルの曲を続々と生み出し続けている。

グリーヴァの日程

178人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

グリーヴァのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/21 00:00更新)

グリーヴァについて

グリーヴァの魅力とは

ハッキリとクッキリとヴィジュアル系のバンドであることを主張しているグリーヴァ。彼らの見かけからは魂を感じる。それはコンセプトの通り「古き良き時代の継承者」としての信念があるからだろう。バンドメンバー全員が黒を意識した衣装に身を包まれている。これはバンドの持つダークなイメージを見るものにハッキリと正確に伝える為である。そして彼らの歌はタイトルからして絶望や終末といった言葉が似合う雰囲気を作り上げている。甘い歌声にハードなシャウトを入れるなどダークサイドなイメージがしっかりと伝わってくる。ここまで徹底的にわかり易く世界観を作り上げた彼らの想いは本物であるだろう。過去のヴィジュアル系バンドを見たことがある人ならば懐かしく感じてしまうだろう。そして初めて見る人には衝撃がもたらされることになる。彼らならば、古き良き時代に止まってしまった時を動かし、その先にある未知なるものを届けてくれるはずだ。彼らを直接見る機会があるならば、彼らの演技を見ることができる。ダークな世界観を決定付ける最後の要素を確認すれば、観客もその世界観に浸ってしまうだろう。彼らと共に暗く狂った世界に行ってみるのも悪くはないだろう。

グリーヴァが好きな方はこんなチケットもおすすめ